スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今月のupdate

 第2更新分が来るまでは全部はupdateしない予定なんですが、1つだけ先行してインストールしておきます。
 
Windows 7 用セキュリティ更新プログラム (KB3168965) ← コレ
 
ある更新プログラムだけ先入れしないと更新確認に時間がかかる問題」が解消しないようなので、これだけ個別DLしてインストール。
 あとFlashPlayerも更新されているので、これも先にアップデート。Firefox用とIE用の二つ入れなきゃならんのが少しだけ面倒くさいところ。IEはほとんど使ってないんだけど、IEじゃないと見られないサイトがあるから対応しておかなくては。
 
 会社用PCは「KB3168965」を入れた後、Office2007関連のUpdateをインストール。業務上これらにセキュリティホール空いたまま使うわけ無いも行かないので。Outlook使ってないんだけどなー、と思いつつ、Junk Email Filter入れたった。
 
 あとは来週以降の阿鼻叫喚具合を見てからボチボチ入れます。今週はここまで。

ひとつき遅れでUpdate

 そろそろ7月分のWindowsUpdateがやってくるので、ようやっと6月分を入れました。
 今回はあまり大きなトラブルはなかったようですが、それでもちょこちょこ不具合があったようで、安定の様子見からの仕事が忙しくてUpdateに長時間割けない状況を経て、ようやくUpdate完了。
 しかしここまで待つとヒトバシラーのご活躍がひととおり終わっているので、その通りにサクサク進めて行けばいいだけなので安心です。不具合が出ても解決方法もある程度分かっているという安心感サイコー。
 
 今回のUpdateは以下の順番。


1) Windows 7 用セキュリティ更新プログラム (KB3161664)
 先に個別DLしておいて手動でインストール。そうすると更新に時間がかからない、と聞いたので。
 ただ、ノートPCは「更新プログラムを検索しています」表示からさっぱり動かなくて焦る(ディスククリーンアップでWindowsUpdateのログを削除してたのに)。
 ほったらかしてご飯食べてたら終わっていたので、正味何分かかったのかは不明。会社のデスクトップだと瞬時にインストール画面になったのになー。ノートだから?(よーわからんけど)

2) Windows 7 用 Internet Explorer 11 の累積的なセキュリティ更新プログラム (KB3160005)
 IEのUpdateは不具合が出ることが多いので、問題切り分けのためにコレだけいつも別個に入れてます。
 IE使ってないけど、IEでしか見られないサイトもあるのでセキュリティは欠かせない。けど面倒くさい。

3) Windows 7 用セキュリティ更新プログラム (KB3159398)
3) Windows 7 用セキュリティ更新プログラム (KB3161561)
3) Windows 7 用セキュリティ更新プログラム (KB3161949)
3) Windows 7 用セキュリティ更新プログラム (KB3161958)
3) Windows 7 用セキュリティ更新プログラム (KB3164033)
3) Windows 7 用セキュリティ更新プログラム (KB3164035)
 セキュリティ更新プログラムはまとめてドン。Win10関連と重大不具合を引き起こしそうなKBはハズしますが、今月は無かったかな。

4) Windows 7 用更新プログラム (KB3162835)
 エジプト周辺のタイムゾーン関連なんで別にいらんかな、と思いつつ勢いで。

5) 悪意のあるソフトウェアの削除ツール – 2016 年 6 月 (KB890830)
 悪意はいつも時間がかかるので最後に入れるのがお約束。


 で、ようやく当て終わってやれやれと思ったら、もう次のが来るんだよね。毎月、その繰返し。

Microsoftさん、ついにあきらめる(?)

 ▼ Windows 10自動アップデートを抑止する公式ツールが提供開始、通知アイコンの非表示も可能 -INTERNET Watch
 Microsoftさん、ついに根負け。自らの努力を帳消しにする公式ツールを公開。

 なお、先日お伝えした「Windows10 アップグレード抑止ソフト(無料)」をすでに入れている人は関係なさそうです。ていうか、二重にやっても意味なし、だそうで。すでに抑止出来てるんだから、公式ツールを使う必要はナシ、との事……ってどっかで見た(^_^;) あちこち見過ぎてどこで見たかは忘れましたが。

 今回のWindowsUpdateでWin10にさせられそうになった!(がっでむ! という方は試しても良いかと。なにしろ公式ですし。
 が、そのあとに「タスクトレイからWin10のアップグレード表示を消す」って手順は面倒くさそーなので、PCいじり慣れている人にしかお勧めできない。私も自力でレジストリいじるのはイヤだわー。

 もしいま使ってる無料ツールが無効になるような事態になったら、その時は公式ツール利用しますかね。l

お困りですか?

【追記:2016年5月20日】
 ▼ PC起動時に「Windows 10にようこそ!」画面が表示された DynaBook.com サポート情報
 東芝さんのDynaBookサポートサイトに「Windows10にようこそ」画面が出たときの対処法が書かれています。他社PCでもやることは変わらないのでご紹介。

 また、「Windows10 アップグレード しない」でググると解決法がいっぱい出てきます。
 一番簡単なのは、抑止ソフトでふいのアップグレードを食い止める方法かと思います。
 今日は昨日以上に上の対処法や抑止ソフトの存在を教えたり、今後の対応について注意したりと大変でした。対応してないソフトもあるから、うかつにアップグレードできないんですばい。

 ▼ Windows 10自動アップグレード強制強化と、回避方法が公式ブログで公開 - ネタとぴ
 ▼ Windows 10への自動アップグレードスケジュールの通知がさらに凶悪化してWindows Updateと一体化、キャンセル方法はコレ - GIGAZINE
 
 会社と自宅のWin7機に5月のWindowsUpdateを当てました。
 4月分はGWの前にギリギリいれたぐらい遅かったですが、今回はヒトバシラー方々の動向+第2配信日(5/18)以後もさして大きなエラーは出てないようだったので、WindowsUpdateの仕様が変わる前に入れてしまいたかったのですよ。
 言うても、「オプション」と「推奨」はスルーで「重要」しか入れてませんが。
 特に「オプション」はWin10のアップグレードパッチがあるようなので「顔を洗って出直してこい!(出直して来ても入れないけど」ぐらいの勢いで入れてません。
 今回当てたのは以下。
【Windows7:13件中12件適用】

1) Windows 7 用セキュリティ更新プログラム (KB3146706)←様子見していた4月配信分

2) Windows 7 用セキュリティ更新プログラム (KB3153199)
 ↑この更新プログラムを最初に適用すると「Update時間かかりすぎ問題が解決する」らしい

3) Windows 7 SP1 の、Microsoft .NET Framework 3.5.1 用セキュリティ更新プログラム (KB3142024)

4) Windows 7 用セキュリティ更新プログラム (KB3150220)
4) Windows 7 用セキュリティ更新プログラム (KB3153171)
4) Windows 7 用セキュリティ更新プログラム (KB3155178)
4) Windows 7 用セキュリティ更新プログラム (KB3156013)
4) Windows 7 用セキュリティ更新プログラム (KB3156016)
4) Windows 7 用セキュリティ更新プログラム (KB3156017)
4) Windows 7 用セキュリティ更新プログラム (KB3156019)
↑同じ番号のものはまとめてチェック入れてインストール

5) 悪意のあるソフトウェアの削除ツール – 2016 年 5 月 (KB890830)

6) Windows 7 用 Internet Explorer 11 の累積的なセキュリティ更新プログラム (KB3154070)
↑Win10アップグレードパッチ同梱……というウワサ。だが、入れないとIEのセキュリティに問題ががが
 なお、「Windows 7 用更新プログラム (KB3153731)」は“アゼルバイジャン等の夏時間更新プロ”らしいのですが、以前似たような“ロシアの夏時間更新プロ”で不具合が出たことがあるので様子見。そもそもアゼルバイジャンの夏時間とか九州の片田舎に住まう身には関係ないのであるよ。
 なお、どの更新プログラムでエラーが出るか分からないので、分類ごとにまとめて当てて再起動してます。
 また、「これを先に当てたらエラーが出ない/更新確認が早く済む」というアドバイスに従ったり。毎月毎月、大変ですのー(;´д`)

 
 で、どうやらいま個別に来てるパッチが、今後は一まとめになってやってくるっぽいんですよ。迷惑ー。
 
 ▼ マイクロソフト、「Windows 7」のロールアップパッケージを公開 - ZDNet Japan
 記事の前半は「Windows7 Service Pack 1」以降の更新をまとめた「Service Pack 2」的な更新プログラムの話なんですが、問題は後半。
さらにMicrosoftは米国時間5月17日、「Windows 7 SP1」「Windows 8.1」「Windows Server 2008 R2 SP1」「Windows Server 2012」「Windows Server 2012 R2」に対する非セキュリティ更新プログラムを、毎月1つの更新プログラムとして提供すると発表した。同日のブログ記事によれば、「アップデートの信頼性と品質を向上させるため」に、今後はその月のすべての非セキュリティ関連修正内容をまとめた1つの更新プログラムを公開するという。
 これってようするに「今まではクライアントが個別に『当てる/当てない』を決定できた更新プログラムが選択できなくなる」ってことですかね。Win10用の更新パッチが来ても除外できないってこと?
 
 あのー、Win10が欲しかったらプリインストールされたマシンを買うって。ソフトの互換性さえ確保できれば、順次そうして行くのよ。だけどね、勝手にアップグレードするんじゃないよっ(# ゚Д゚) 押し売りかっ(無償です)。
 
 
 なお、本日は弊社社長のPCがいきなりWin10になりかけたので、社長室に呼ばれるて「助けて、すの(仮)エモ~ン」という事態に(あわわわ)。
「Windows10にようこそ\(^o^)/」と言われても、「拒否」ボタン2回押したらWin7に戻してくれるので慌てないで下さいね。その後でも構わないんで、「Win10 抑止」でぐぐって最初に出てくるサイトに無償のWin10アップグレード抑止ソフトがあるので、それをDL→解凍(あるいは「すべて展開する」)でzipファイル開いて、中のアプリをクリックして設定すれば、今のところは「勝手にWin10にアップグレードされる」という事にならなくて済みます。
 
 というわけで、みんながんばってMicrosoftさんの押し売り期限まで持ちこたえるんだ。

で、ついに買ったのね

 わたくし、プロバイダがBBIQなのですね。そいで、そのBBIQが格安スマホを出しましてね。BBIQスマホという名前で宣伝してまして、うちにもたびたびダイレクトメールが届いてました。
 中身を見るとmineoっぽいし、BBIQユーザーなら「これ、ください」って言うだけで契約できるっぽいし(←かなり端折った)、ガラケーでアクセスできるサイトが徐々に減ってきてることもあって、思い切ってスマホ買ったよ! 3/31まで値引きしてた「ARROWS M02」をな!

 ARROWS M02

 で、いつもあまりチョイスしない色を買い、さらにケースの色もあんまり合わせたことのない色にしてみた。大☆冒☆険!!
 ……年取るとハデになるってこういうことかしら……。

 それに伴い、ルーターを買い換えました。IEEE802.11acが付いたの+有線LANでも1000BASEが欲しかったという理由でNECの「WG1200HS」に。
 まぁ、ARROWS M02に11acは関係なかったけどね(/_;) いいんだ。ノートPC(無線LAN接続)がちょっと早くなったし。

 そして、スマホのセキュリティのために「ESET ファミリーセキュリティ」を購入。無料セキュリティを入れても良かったんだけど、というかいつもの私なら無料セキュリティを入れるところなんですが、今回ルーターやアンチウイルスソフトを買ったのには理由がある!

 わたくし、恥ずかしながら、いい年をして“おこずかい“をもらってしまいました。むしろ上げなきゃいけない立場……orz
 いろいろあった末に父方の伯母がくれたのですが、いろいろ考えた末にありがたく頂戴して、経済を回すことに使おうと思いました(オオゲサ)。
 というわけで、以前から買い換えたかったルーターを買い換え、スマホ購入を期に有料セキュリティソフトを導入いたしました。
 ありがとう叔母上。これで安心のネットライフが送れます。

 なお、今回購入したスマホはデータ通信のみなので、ガラケーとの2台持ちです。特に連絡方法も変わりませんので、リアル友たちは今までどおりGmailにご連絡くださいませ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。