【ドラマ】アンフェア(総括)

 安藤(瑛太)が黒幕と見せかけて、真の黒幕は薫ちゃん(加藤雅也)だ! という私の推理は空振りだったわけで。
 雪平父殺しは安本さん(志賀廣太郎)だと思っていたのに、それが解決されることもなく。
 美央ちゃんが発する言葉は「ママ」だと予想し、それはもうベッタベタの展開であったにも関わらずやっぱり感動するので、子供と動物にはやはり勝てん、と思うに至り。
 なんにせよ、今期のドラマの中では一番面白かったです。
 
 最終回前にちょっと夢想というか妄想したんですが、13年後に美央ちゃんと安藤が恋仲になってて(年齢的には美央ちゃんが20歳で安藤が36歳だから“ありえない”年齢差では無い)、

安藤「雪平さんのこと、“お母さん”って呼んでいいですか?」
雪平「バカか、お前は」

という会話があったら面白いなぁ、とか思ってました。ああ、ちょっと見てみたかったさ。20歳の美央ちゃんをな!(で、46歳の雪平さんは、ますます魔性の女化してると)
 
 瑛太くんは良い役もらったなぁ。最終回は素晴らしかった。ちょっとした目線や仕草の積み重ねが。
 寺島さんのエリート役とか、コート&マフラー姿になると途端に可愛くなるサダヲちゃんとか、暗黒魔女のごときマリちゃんとか、濃くて芸達者な香川さんとか、安心して見てられる役者さんが多くて、それも良かった。
 いつ脚本が破綻するのかと、それだけが怖かったんですが、多少の破綻は気になりませんでした。全体的な相性が良かったんだろうけど。
 
 黒幕が分かった上で、もう一度最初から見直してみたいですね。しかし、BOXを買うかどうかは微妙なところ。
 最後に、安藤が死んだ場所に横たわる雪平はなにを見つけたのか、気になります。
 公式サイトの相関図を見たら、なんとなくスペシャルが放送されそうな予感。
 ばっちこーい。

[ 2006/03/21 11:04 ] TV・ドラマ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する