スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【ドラマ】神はサイコロを振らない(1日目)

 原作既読。視聴前は不満のカタマリ。
 
 見る前はけっこう凹んでました。
 なんだかなー、この「仕事と人生に疲れたグランドホステスが、10年前の姿で現れた親友や恋人を見て、かつての輝きを取り戻す」という女性応援歌的ストーリーは。『神サイ』はファンタジー系ヒューマンドラマであって、主人公は“個人”では無く“群像”なのだよ!(加藤教授風)
 いや、分かってます。たとえ原作があったとしても、ドラマ化される時にはその片鱗はほとんど残ってないのが当たり前、ということは。登場人物の名前しか合ってないよ! ってのがほとんどだし、原作というより原案にしてください(土下座)、と言いたくなる改変ぶりに何度、落胆したことか。
 それでも、黛の性別を変えるだけならまだしも、性格も環境も仕事ぶりも変える必要はないだろうに。小林聡美さんが好きだからこそ、ゆるくがっかり。
 
 しかしね。見始めたらやっぱり面白かったですよ。前半~中盤のコメディ部分(友人が消えた飛行機に乗っていたという八百屋のおかみ=市川実和子との再会シーン)は余計だと思いましたが。
 
 この消失した10年っていうのが微妙なんですよね。残された側にとっては、まだ生々しさがありつつも風化しかかる頃。無関係な人間にとってはもう忘れてしまった頃。
 だけど、現れた人たちにとっては、ほんの数十分前の世界から10年後にタイムスリップしてるわけで、この時間と感覚と思い出のギャップがキモなんですよ。 
 
 以下、原作ネタバレしているので隠します。
 
 
 微妙な設定変更とかも気になりましたが、ドラマしか見ない立場だと気にならないかも。
 原作が頭にあると、なんで甲斐遺族会会長が記者から弁護士になってんだとか(歳も大幅に若返ってるし、行方不明なのが息子→弟に変わってる)、黛のみならず漫才コンビまで女性に性転換させられてるのはなんでだとか、平凡なチェリストが天才ピアニストになってるのは設定が消えた天才テニスプレイヤー少年との合体技かとか、こちらも設定が消えた身元不明のミスターXの代わりに駆け落ちカップルが姿を消して大捜索のターゲットになるのか、とか。原作どおりなのは加藤教授(大杉漣)だけ。これだけは大満足。満点。
 第一、「9日後に消える」という謎の言葉はナニ。てか、なぜ消失期限が3倍増しになってるんだ。
 原作では帰ってきた3日後にふたたび消失する、と加藤教授(大杉漣)が乗客に説明するんですが、ドラマだとクールの関係で9日後になってるわ、謎の人物が手紙で知らせることになってるわ。あの謎の人物って誰だ!……なんとなく分かってるけど。
 
 しかし消失期限が伸びたわりに、登場人物が減ってるので、よっぽど上手く緊張感を保たないとすっごい中だるみしそうな気配。一人旅の男の子設定が残ってるってことは、がんばれ地方公務員! な展開は残されてるんだろうか。でも、映像にするのはすごく難しそう……。
[ 2006/01/19 11:25 ] TV・ドラマ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。