スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【ドラマ】アンフェア(第2回)

 ○○○が×××たと見せかけて△△が×××たと思ったのに、まっとうまっすぐまっ正直に○○○が×××れてしまうとは、逆に驚き(ネタバレ防止のため伏せ字)。
 ますます混迷の度合いを深めていく『アンフェア』ですが、私はすでに犯人捜しを放棄しています。
 
 だって、みんな怪しいんだもん。
 
 この手のサスペンスは、作り手が次から次に怪しい人物や怪しげに見せるカットを挿入すれば、誰だって容疑者になりうるし容疑者に見せかけられるから、視聴者側が犯人を見つけようとするのはムダだと思うんですね。それこそアンフェアなヒントをいっぱいバラまける。
安楽椅子探偵』みたいに、「謎解きの手がかりはすべて提示しています」と堂々と宣言していれば話は別ですが。
 
 だからこそ私は「エピソード推理小説殺人事件」に限って言えば(『アンフェア』ではエピソードI~IIIまでの事件が用意されている)、大高洋夫さん(岩崎書房の瀬崎=西島くんの上司?)が犯人というのもアリだと思ってます。
 登場人物の中で、いずれの事件の犯人にもならないのは、雪平の娘ぐらいじゃないかな。さすがに小学校低学年が殺人犯というのはナイかと。偶発的事故とか未必の故意ならともかく。
 それ以外は雪平(篠原涼子)ですら視聴者にとっては容疑者の一人ではないかと。
 
 ************************************
 
 ところで。『安楽椅子探偵』の参考リンク探してたら3月上旬に放送決定ですと! BSデジタルで放送してくれたら見られるよ! わ~い。
[ 2006/01/18 11:00 ] TV・ドラマ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。