【ドラマ】功名が辻

 色々と不安の多い第一回でした。あえて不満とは言わない。
 
 今川義元の出番がアレだけって。というか、江守御大の出番がアレだけって。木村多江タンの出番もアレだけって。
 あとサバ読み過ぎなキャスティングもどうなのか。真央さまが和久井さんに向かって「姉上」と呼びかけるのは、なんかのイヤミかと思いました。嫁VS小姑? そんなこと、なにも大河でやらなくても。
 その数々の不安も、とあるお方のインパクトに比べたら、モノの数ではありませんでしたが。自分の中で反町氏を超えた時点で、ある意味“神”の領域です。少なくとも見た目は合格だっただけに、悲しいものがありますわ。
 
 一豊チームは期待大。家臣コンビは見ていて安心感があります。
 あとはそれぞれが早く年相応になってくれたら、この妙にむず痒い感覚がなくなると思うのですが。
 というか、一日も早く一豊と千代がラブラブしてくれたら、それでいいです。もう合戦とか期待しない。
 
 考えてみたら、脚本家が苦手な人じゃありませんか。この人、合わないんだよなー。『ハンドク!』の時もイライラしながら見てたけど。
[ 2006/01/09 10:41 ] TV・ドラマ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する