スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

すっかり明けてます

 おめでとうございました。
 今年のテーマは「正直で行こう」。ちょっぴりホンネ漏らしたり、ヨワネ吐いたりしていこうと思います。

 
 さて、年末に母が風邪を引き、仕事もなんだかバタバタし、サイト改装とWeb拍手設置だけで疲れ果てたせいで、結局三が日更新が出来ませんでしたよ。潔くない言い訳。
 
 そんなこんなで再び仕事が始まっちゃいました。初日の午前中はほとんど雑用です。溜まった新聞だの年賀状だの冊子だの郵便物だの宅配物だのの、仕分けだ分配だとアッチ行ったりコッチ行ったり。別に全社分を担当しているわけでもないのだが上を下への大騒ぎ(オオゲサ)。
 
 あとは、仕事納めの日に無断で休んだ派遣の子にゆる~く説教。返事は良いけど、本当にわかってるのかどうか。
 学校でたとえたら、休む連絡を担任ではなく学年主任に告げて、それを担任が知らなかったと言ったら、「だって学年主任の先生には言いました!」ってやんわりと逆ギレされたみたいな。なんで担任(会社だと直属長)に言わないで学年主任(部長)に言うんだろうと思ったら、「だって(部で)エライ人だし」あーそー。でも今度から休む時は担任(直属長)か学級委員(私)に言ってくれ。
 これがリアル高校生なら、そりゃ仕方ないよ、会社の仕組みとか分からないもんな、と思うけれども。成人式とっくに済ませた人が言っちゃダメ。
 
 そもそもヒトに説教するという行為が好きではないのですよ。自分が説教されるのキライだから。でも立場上、注意というか、あーしろこーしろ的なことを言わざるを得ない。
「叱ってもらった方がいいです、ありがたいです」とは言われるけど、説教とか叱るとか、する方はタイミング計ったり言葉に気を付けたりと色々と気を回すことが多くて、言ったあともキツく言い過ぎなかったかとか言ったことは伝わったのかとか悶々とし、結局相手が“分かってなかった”時にドッと疲れが。そしてこの子は、“何故叱られるのかほんとは分かってない”率がとても高い。
 シジフォス、シジフォス。達成感ゼロ。
[ 2006/01/05 11:15 ] 日々 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。