FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親だからこそ、その一言が致命傷になる

▼ 母親の心無い一言は思ってる以上に娘の心に刺さる - 私のオシャレ心は初めて自分のお小遣いで買った服を母親に「なんでそんなダサいの買ったの」と吐き捨てられて折れました - Togetter
 まとめ内に私がいっぱい居るーってぐらい、同じこと言われて同じことされてる安心感(ヤバイ。
 
 私は洋服は言うに及ばず、旅行先の土産から友達へのプレゼントに至るまで、ありとあらゆるものを「センスが無い」「またつまらないものを買って」と下げられたため、自分の購買センスにまったく自信が持てぬまま成人し、今に至るもこの心の傷はまったく解消されておりません。
 いまだに一人で洋服を買いに行くと内心ビクビクしてますからね。そしてだいたい買えずに帰ってくる。インナーとかボトムスならなんとか買えるけど、アウターがハードル高すぎる。ましてや1万円超え(そう)なコート類はもうムリ。親の前で来てみせて「センス無い」「似合わない」と言われたら金額的にダメージがデカすぎる。
 そして、無難な路線を選ぶと「おばさん臭い」と言われる年齢になってて、もうおしゃれするって言う歳じゃないわー、と思うわけですよ。いやもう絶対、おしゃれババァにはなれないので。
 
 そもそも幼少の頃よりチビデブスという三重苦を背負っていたため、服など「入る(着られる)ものを買う」程度で人生における服飾の優先順位は下の方だったし、何を選んでも「センス無い」「似合わない」と言われ続けたら心は折れるし、センス磨く努力もしなくなるものです。
 
 容姿についても、「他人から心ない事を言われて傷つかないようにするため」という名目で「ブス」「ブタ」「デブ」は子どもの頃からずっと言われてましたね。「みっともない」とかね。今はそれに「おばさん臭い」が加わりましたけど。おばさんがおばさん臭くてなにがいかんのじゃー。CMで60~70代の人が「顔にしわもなくてつるつる~♪」って言えば、「年甲斐も無く」とか「年寄りなら年寄りらしく老いを受け入れろ」とか言ってるのに。
 
 親は親なりにアドバイスしてるつもりなんですよね。センスが無いと言われたら、センスを磨けばいいじゃないとか、こういう風にしなさいよって言ってるんだから、そうすればいいじゃないとか。
 だけどね、言い方がさ。一刀両断なんだもの。
なにそれ」「あんた、そんなのが好きなの」「それでいいんだ」「ふーん
 こんなこと、毎回繰り返されてごらんなさいな。地味にメンタル削れていきますって。
あんたが買ってきたあれ、美味しくないね」「こういうのがいいと思ってるの」「なんかこう、もっと良いのなかったの?
 本人は正直な感想を述べてるだけですよ、ええ。いいよね。正直は美徳だよ。美徳のはずだよね。心にも無いこと言って褒めそやすと子どもは成長しないからね。言われて悔しけりゃセンス磨けばいいんだし。
 
 いいや、がんばれないね。どうせまた貶されるのが見えてるから。
 なにやったって褒められない。まず貶される。それをアドバイスだと言われる。
 
 じゃあどうすりゃいいの、と言われるでしょう。正直に感想言ったら虐待なのかと。
 うん。まずはセンスの無さとか一旦置いておいて、とりあえず受け入れてほしいわけ。
それも悪くないけど、こっちの方が似合ってるよ」とか。子どもが選んだものを頭から一刀両断に否定しないで欲しい。
 そら子どもだもの。似合うものより着たいものを選ぶわけで、そこで出てきたセンスの萌芽を叩きつぶすような言い方はしないでほしい。
 その結果、成人してから何十年経っても、自分で洋服選ぶのを怖いと思っちゃうダメな大人が出来上がるんだから。
 親の一言って、意外なほどクリティカルヒットでざっくり傷跡、残しちゃうんですよ。
 
 親も人間だから、つい言っちゃうのは分かりますけどね。特にうちの親は自分のことをセンスの塊だと思っていて、実際、服屋さんに行っても街を歩いていても「センス良いですね」って見知らぬ人に言われちゃう人だから、余計に私のセンスの無さにイラっとするんでしょう。自分の子どもなのに、って。
 
 ダイエットして普通サイズが入るようになってからだよ。ようやく自分で自分に似合う服買おう、と思うようになったの。
 なお、私は別におしゃれ上級者じゃなきゃやっちゃいけないような格好したいわけでも、流行の格好がしたいわけでもなく、ただ全体的にもっさりしてなきゃいいんだよ、程度で満足です。むしろもうジョブズライクに行きたい。自分のカッコウはコレと決まったら、同じ服だけでクローゼットを構成したい。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。