“アットホーム”に換わる言葉

 昨日の続き。
 職場のアットホーム論争(というほどでもない)継続中。

「アットホームな職場」
 VS
「『長時間労働で職場が家と化している』という意味」
「仕事とプライベートの混同」
「仲間意識が強く、飲み会や休日のイベントに出席を強要」
 という

従来どおりの意味で使ってる(ウラ無し)
 VS
ネット上でささやかれる新常識(ウラ有りまくり)
 の話から。
# 飲み会や休日のイベントへの強制参加も弊社ではありません。
# 断ってもふつうにガッカリされるだけ。
 
同僚1「ありもしない言葉の裏を読むような人は、そもそもウチに来なくていいよ、もう」
私   「いや、それ以前に“来てない”からね?」
同僚2「ほかに換わる言葉も思い当たりませんよね、意外と」
私   「うーん……『ゆるい職場』?」
同僚1・2「それっ! m9っ`Д´) ビシッ!!」
部長  「書けないでしょ(´・ω・`) 」

 というわけで(求人票には書けませんが)、弊社の雰囲気は『ゆるい職場』に決定しました(してません)。
 
 あと、弊社もずいぶん新陳代謝が進んだので、頭ごなしに怒鳴りつける人とか大声出して罵る人とか減りましたよ。怒られる人は怒られるだけの理由があるけど。

 だいたい未経験者に「そんなことも分からないのか」とは言わない。
 でも、「経験有ります」と言って入ってきたのに、期待したほども出来なければ「そんなことも知らないなら、ほかに何を知ってるんだ」とは思われる(当たり前)。
 Excel・ワード使えます、資格持ってますと言いつつ、グラフも表も作れないどころか基本的な操作の仕方も分からない、とかね。
 そういう人は、なぜか面接時は抜群に好印象で、おっちゃんたちがコロっと騙される。

 業務上、高いスキルは要求してないんだけど、それ以外の事を付け足そうとすると、なぜだかブラック企業っぽくなっちゃうのは困ったもんです。丁寧に指導するよ? 本当に。私以外の人が。
[ 2017/01/12 22:27 ] 日々 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する