スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ねこのひ なので ねこマンガ

 にゃーにゃーにゃーで猫の日ということで、「#今日の夜廻り猫」こと「遠藤平蔵」氏をご紹介。
 
 作者の深谷かおる先生は、著作タイトル(「エデンの東北」や「ハガネの女」など)だけは存じ上げておりましたが、こういうお話しを描かれる方とは存じませんでした。いやうかつ。そして良い出会いをありがとう、インターネット。

 そもそもはTogetterで「あめふりくまのこアフター」を見たのがきっかけなのですが(と思う)

 深谷かほるさんの『あめふりくまのこアフター』が可愛いすぎる - Togetterまとめ
 ※なるべく一人の時に読んだがいいです。けしてお昼休みの社内や電車・バスで移動中に読んではいけませんよ

 そっから「遠藤平蔵」氏を知った……気がするけど定かではない(もしかしたら、友達から教えて貰ってたかもしれないんだけど、そこらへん記憶が曖昧)。
 なにしろ私が知った時、夜廻り猫の話はまだ最初の方で、重郎も出てませんでした。
 
 久々に「そういえば『泣く子はいねがー』の猫はどうしてるかなー」と見てみたら、100話超えてるわ、6月に書籍化らしいわ、さらに「くまのこアフター」も今年中に書籍化かも? と言われてて、なんだか「うわーうわー」となったので、今更のご紹介ですよ。


 なお、6月まで待てない人はpixivで全編読めます。アカウント不要。深谷先生、太っ腹。
 「深谷かほる」のプロフィール [pixiv]

 お話しの中でシリーズ化してる子たちが何人(匹)か居るんだけど、「らぴとラミー姉妹」がお気に入り。らぴが良いお姉ちゃんで泣ける。ラミーも早く甘え上手になるといい。
 あと、私はご隠居の家に遊びに行きたい……行きたいが、猫アレルギーなので1時間は居られないというジレンマ。いやもう、あん麺麭の差し入れだけでも。そして、現地でバタあん麺麭をごちそうになりたい。きっとそう思う人はとても多いはず。
[ 2016/02/22 22:03 ] 漫画・アニメ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。