Windows10 自動アップグレード ノーサンキュー

 Windows10への更新が「推奨」になって、パソコンの設定によっては自動的に更新されてしまうようです。ええい、余計な事を。

▼ Windows 10のアップグレードは強制になったわけではない ただし、Windows 7/8.1ユーザーは要注意-鈴木淳也の「Windowsフロントライン」
▼ Windows 7/8.1→Windows 10が“推奨される更新”に - ITmedia ニュース
Windows Updateを自動アップデートにしているWindows 7/8.1ユーザーは、設定によっては今回のアップデートでWindows 10へのアップグレードが自動的に始まる。

 タスクトレイに「田」マークのある人は『Windows10のアップグレード予約済』状態なので、Microsoftさんがデータをぐいぐい押しつけてきます。んだよ、要らねぇよ(#・∀・) という方は自分で色々やらなくちゃなりません。

 これまでWindows Updateを自動更新にしてた人はもれなく予約引換券貰って待機列に並んでる状態ですから、とりあえず今は要らないとか、使ってるソフトの関係で絶対入れたくないという人は自力で予約取り消しする必要があります。
 

 まず、Windows Updateの設定を変更します。
 Windows7の場合、Windowsマーク→「すべてのプログラム」→「Windows Update」→左メニューから「設定の変更」をクリックして、「重要な更新プログラム」の項目が
「更新プログラムを自動的にインストールする(推奨)」
になってる人はWindows10のアップグレードデータ(6GBもあるらしい)がダウンロードされて、インストール覚悟完了状態になってる可能性大です。
 
 ここの設定を
「更新プログラムを確認するが、ダウンロードとインストールを行うかどうかは選択する」
に変えると、ひとまずデータのダウンロードはしませんが根本的な問題(予約引換券持って待機列)は解決されません。

 以下、回避方法をご紹介しますが、実行する場合は自己責任でお願いします。
 実行した結果、パソコンに不具合が発生したとしても当方は一切関知しません。
 ムリだと思ったら実行しないのも勇気。


 ▼ 「Windows 10」、予約しなくても約6GBのファイルを自動ダウンロード(回避方法あり) - ITmedia ニュース
 ↑リンク元の手順でアップグレードを回避したら、さらに抑制する方法を取ります。

▼ プログラマから見たWindows 10 番外編~Windows7/8.1からのアップグレードを抑制する方法 | OPTPiX Labs Blog
 ちゃんとリンク元の記事を全部読んで、納得の上、適用して下さい。
 とても軽くて導入している事を忘れるぐらいです。日本語対応なのもありがたいです( ̄人 ̄)エイゴメンドクサー


 ここまでの対応をざっくりまとめると
・Windows Updateは「更新プログラムを確認するが、ダウンロードとインストールを行うかは選択する」に設定を変更する。
 ※以後、月例Updateは手動更新になるので注意して下さい。
  放っておくとセキュリティホール空きっぱなしになるので適宜「更新」して下さい。

・Win10のプログラムがダウンロードされている場合(「$WINDOWS.~BT」「$Windows.~WS」のフォルダ)は削除する
・適用されたWin10更新用プログラム削除する
・削除した更新プログラムが再度インストールされないよう非表示にする
・Win10のアップグレードを抑制するソフトを導入する(自己判断)
 これで意図しないアップグレードが行われなくなります(多分)。
 
 あと、直近でWindows7入りのPCに買い換えた人は、サポートが2017年までになってます。
▼ Windows 7/8サポート、Skylake搭載端末上の場合は2017年7月17日までに - ITmedia ニュース
 米Intelの第6世代Coreシリーズ(コードネーム:Skylake)を搭載する端末にインストールされたWindows 7/8のサポートは2017年7月17日までになる。これらの端末で引き続きサポートを受けるためには、同日までに「Windows 10」にアップグレードしなければならない(最も重要なセキュリティアップデートはWindows 7/8のままでも受けられる)。
 どういうことだってばよ、と思ったら、この新しいプロセッサはWin10こそふさわしいのであって、二世代まえのWin7で使うには宝の持ち腐れなんだから、とっととアップグレードしろって事らしい(と解読した)。
 古いPCは既報どおり2020年1月まで延長サポート受けられますし、セキュリティ上の重要更新についてはこれらのPCも同様に受けられます。
 ただ、心当たりのある方はご注意ください。
 
 取り急ぎ、ざっくりまとめてみました。
 くれぐれも自己責任でどうぞー。
 
**********************************

 以下、付け足し。
 じつは今までの月例Updateで、Win10への予約引換券がちょこちょこ送られてきてました。有名どころだと↑上の記事にもある「KB2952664」と「KB3035583」。
 私はこれが来るたびに「右クリック」→「非表示」送りにしてたんですが、月が変わるとまた来てる。親切なMicrosoftさんが、要らないって言うのにくれるんですよ。こんなカンジで (`・ω・´)つ))【Win10予約券】))Д´)

 おまけに去年の10月には「月例Updateと思わせてWin10へのアップグレード」というトラップまで仕掛けてきてました。これは普段「更新プログラムを確認するが、ダウンロードとインストールを行うかどうかは選択する」にしてるヒトバシラーも、ついうっかり踏んでしまう地雷でした(遠い目)……Microsoftさん黒い。親切に見せかけて、やることが黒い。そして、ありがとうヒトバシラー。君たちのことは忘れない。
 
 で。私は月例Updateで送られてきた更新プログラムも、「要るもの」「要らないもの」に分けました。
「要らないもの」は当然「Windows10のアップグレードに関連する更新プログラム」です。
 その時、役に立ったのがこちらのサイト様。
 
▼【Win】 WindowsUpdateで入れなくても良いKBリスト。2016年1月13日まで分 : ニッチなPCゲーマーの環境構築
▼ 自作PCの道楽新館
▼ 動画エンコとフリーソフト ぼくんちのTV 別館

 みなさま、いつもお世話になっております( ̄人 ̄)アリガタヤ
 月例Updateの時期になるとKB番号チェックして、必要と思われる更新だけ当ててきました。
 あと、Win10の罠以外にも「月例Updateしたら青画面(エラー)が!」とか「PCが再起動しないorz」という状況も回避してきました。もういやなんじゃー、青画面見てエラー原因を調べるのとか!
 お陰で、予期しないアップグレードに慌てなくてすんでおります。情報提供してくださるみなさまに感謝感謝。

 ほんとはここまで神経質にしたくないんだが。面倒くさがりだし。でも最近、Microsoftさんおかしいんだもの。月例Updateはバグるし、Win10の強引な押しつけはあるし。
 あーあ、もういっそLinuxにしちゃおうかなー(言ってみただけ)。
[ 2016/02/03 22:02 ] パソコン・ネット | TB(-) | CM(-)