スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【演劇】夜叉ヶ池

 MOWMOWで放送されたものをやっとこ見ました。
 
原作:泉鏡花
演出:三池崇史
脚色:長塚圭史
出演:武田真治×田畑智子×松田龍平/松雪泰子
   遠藤憲一 きたろう
   綱島郷太郎 涼 平 鈴木ユウジ 森川 涼 蛭子直和
   萩原聖人 丹波哲郎
 
 ネタバレ含む感想は以下。
 

 
 
 泉鏡花の原作は読んだことはありませんが、波津彬子さんの『鏡花夢幻』は読みました。「夜叉ヶ池」のほかに「海神別荘」と「天守物語」が収録されていて、その中では「天守物語」が一番好きでした。主人公たちが危機一髪! という時に、唐突に救いの神が(なんの前フリも無く)現れて、なんだか簡単に救われてしまうという部分に度肝を抜かれたものです。いいのか、それで。……いいんだろうなぁ、それで。
 
 で、「夜叉ヶ池」。
 主役4人のほかに誰が出ているのか知らないで見ていたら、タンバリンは出てるわ、弁護士ライダーは女装してるわ、エンケンさんは居るわ、ヨンさまも登場だわ。なにげに豪華な配役でした。
 
 
 鏡花と言えば、言葉の美しさに特徴がある、と聞いていたのですが、見事に破壊されてましたね。しかも、わざと破壊してましたね。思いっきり長塚調の台詞回しになっていて、「こ、これは鏡花ファンは怒るのでは」と思いつつも、その壊しっぷりがおかしくて、つい笑ってしまいました。
 松田龍平くんの声音が長塚トーンに一番近かったように思うのですが、なぜ終始渡部篤郎喋りなのか。そこが三池演出なのか。嫌いな喋りじゃないけど、あれって客席後ろまで届くのか。
 田畑智子ちゃんは、もう可愛くて。原作のお百合さんは絶世の美女なんですが、美女というより可憐。健気。そりゃあ、夜叉ヶ池行きほっぽって帰って来ちゃうってもんです。声がキレイでね。冒頭の晃(武田真治)との会話は、そりゃあ可愛らしかった。
 美女といったら、やはり松雪姫なのですが、姫様は生で拝見したかったですね。さぞや光り輝くばかりにお美しかったと思うのです。後半は絶叫されてましたが、あれで声が枯れてないということは、元もと喉の強い方なんですね。『吉原御免状』の勝山太夫が楽しみ。
 
 村人&化け物チームは楽しそうでしたね。しかし、なぜ蟹と鯉がああいう仲になっているのか。どこまでが脚色でどこまで演出なのか。脚本にあるとすれば、ナニ考えてんだ、長塚圭史(敬称略)、と。
 タンバリンは思いっきり台本読んでましたが、もうあれはタンバリンでなければ許されまいというギリギリの演技(?)かと。出ているだけで価値ある。
 
 
 じつは三池監督の演出って性に合わなくて、映画はダメだったんですが、舞台はそんなでもなかったです。セットもシンプルだったし。でも生で見てないからなー。映像の方は映像監督が居ますから、まったくの三池節ってわけでもないし。
 んで、ちょっと映像の方に不満があるのですよ。なんでクライマックスシーンはアップの連続なのかと。百合の死体をかき抱いて慟哭する晶、なんてのはもうちょい引きで撮ってほしかった。百合を写さないか、周りの村人を写さないか、学円(松田龍平)を写さないか! 舞台は、それが一枚の画なのだし! と歯がみするような気持ちで見てました。
 アップが見られる、というのは映像ならではなのだけれども。引きも欲しいよ、引きも。
[ 2005/08/31 10:24 ] 観劇・映画 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。