7000円の骨

 大仕事が終わったら気が抜けてグロッキー。先週月曜日~水曜日まで、公私に渡って祭のような忙しなさで、その後どっと気が抜けたのか、若干ヘロヘロ状態に。
 おまけに、雷が絶妙なタイミングで襲来するので、自宅パソコンが立ち上げられませんよ、まったく。そんなわけで、メールの返事はもう少々お待ち下さい>我が友

 さて、私と父の誕生日は10日ぐらいしか違わないので、だいたい真ん中あたりの日曜日にお祝いします。お祝いったって、赤飯炊いて、尾頭付きの鯛(小ぶり)焼いて、ケーキ食べるだけです。作るのは私だし。
 で。今年はなかなか良い加減で赤飯炊けてウマウマだったのですが、鯛を食べている時に異変が。
 なんか、骨を飲んだっぽい。
 いや、気のせいかな? その後、普通に御飯食べても痛くないし。もしかしたら、上手いこと丸飲みしちゃったかも……なんて思っていましたら。しっかりノドに刺さってました。
 まぁ、良く刺さるんですよ、魚の骨。刺さる場所もだいたい決まってるし、今までも自分でなんとかしてきたし、なんとかなってきたし。
 ところがね。今回ばかりは違いましたよ。痛いのに、骨が見っからない。おまけに口腔内を照らす灯りが無い。ペンライトはどうした、ペンライトは!

父 「あれ、壊れてたから捨てたぞ」

 父よ……それは早く言って欲しかった。昼間、せっかくセリアに行ってきたのに。ペンライトが有ったかどうかは定かじゃありませんが。

 で。非常用ライトはデカすぎる、非常用LEDライトはなぜか緑色(おかげで口腔内が不気味なことに)。骨はドコだよ、骨は~っ!
 指で触ってみても場所が判らないが、確かにチクチク痛い。こりゃもう初の、耳鼻咽喉科で骨取りか!? と覚悟しつつ就寝。

 なんということでしょう……寝返り打つと、骨が当たって痛いです…………

 そんな状態で浅い眠りを繰返し、起床。寝てる間に飲み込んでるとか、外に出てるとかも無く、おまけにもっと喉の奥に移動しやがった魚の骨。顔洗うのに下を向くとチクチク痛いんですけどー。
 仕方ない、耳鼻科行くか。ほっといていい気もするけど、中途半端な状態がイヤ。このまま化膿するような事態になるのは、もっとイヤ。
 とりあえず会社行って、二仕事終えて、午前中診療を12:30までやってる耳鼻咽喉科に駆け込みました。

 私    「鯛の骨が刺さりまして」
看護士さん「あ、それは大変」
 
 なんで大変かって? 鯛の骨は硬いからです。
 幸い、患者さんが少なかったので、すぐに診察。まずはピンセットで。取れません。けっこう奥に移動しちゃってるのでね。で、出たよ、内視鏡付きのカテーテル(正式名称、知りません)。

先生「鼻から入れて取るからね」
私 「ははははは……」

 笑う以外に何ができましょうか。
 特に麻酔などもなく(鼻の洗浄・消毒はしました)、「アムロ、行きまーす」的なかけ声も無いまま(どうせファースト世代だよ)、カテーテル(かどうかは知らないが)をズボっと挿入。
 うむ、確かに胃カメラ飲むより鼻を通す方がキツくは無いだろうけど、鼻奥の違和感はハンパ無いッスよ? なんて事を考えてしまった。胃カメラ、飲む予定もないのに。

 先生は喉右側に対して左鼻からアプローチ。2回トライして失敗。だもんで、右鼻からトライ。これも2回失敗。

先生「息しないで、動かない」
私 (ムリっす~)← 涙ボロボロ

 格闘5分。絶対、肉ちぎられた、と思うほどの痛みと共に、鯛の骨は抜けました。おおよそ1cm。思ってたより太めの骨。
 状況終了、消毒ナシ。

事務員さん「機械使用しましたので、お会計7000円です」
私    「はぇ~~」←若干、魂抜け気味
 
 本体よりはるかに値の張る骨でございましたとさ。
 ワタクシ、以後、魚はシーチキン一本でまいりたいと思います。もういっそ、すり身しか食べません。ビバ、かまぼこ、さつまあげ。
 骨のある魚は二度と食わんぞー( ´Д⊂ウェーン
[ 2011/08/29 21:17 ] やまいだれ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する