スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日々是 生田カヨ

 柳原可奈子嬢が好きで、だから毎週『レッドシアター』を見てるんですが、ここのところ笑いながらものたうち回りたくなるようなコントがございましてね。
 それが『キャリアウーマン 生田カヨ』なんです。

 だって、長いこと働いていれば、誰だって生田カヨ化するよね? ね?
 Yahoo!知恵袋で質問されちゃってるし。居るよ、居る居る。私がそうだよ。←ここに(爆)って点けたいぐらいだ。点けないけど。
 生田カヨから“おしゃれ”成分抜いたら、きっと私になる。ああぁぁぁぁぁぁ_| ̄|○
 違うところと言えば、生田カヨは帰国子女らしいが、私はむしろ“明治時代のお巡りさん”なところだ。って、余計いかんだろう、それは。
 
 
 いや、マジで身につまされますよ。彼女の言ってること自体は、大きく間違ってないと思うがゆえに。いや、部分的にね。あくまで仕事に対する心構えを語っている部分ね。
 言ったこと、あるとも。「それは触らないで。いいから!」とか。だって、ヘタに触られると仕事が増えるからね!
上司はママじゃない」とは言わないけど、「はっきり指示してもらわないと分かりません。私は課長の奥様ではありませんので」は言った。ああ、言ったとも! 若かった、あの頃。何も怖くなかった。というフリをしていた。それが何か? ちくしょう(おとこなき)。
 
 そうとも。インプットがあるからアウトプットがあるんだよ。そこは間違ってないよ。まぁ、横文字多用したりはしませんけど。でも、最近「仕事にしろ何にしろ、ようはデータの蓄積と分析だ」とかは言いまし……た……ょ…………ぅわぁぁぁぁぁぁんっ!!!(七転八倒大回転)。
 
 だ……だって、どうして世の中(というか、うちの会社に来る派遣&パート)の事務系女子は、「コピー取って」という指示になんの疑問も持たずにコピーを取りに行くのか。
 部数は? 綴じ方は? クリップ留め? ホチキス留め? ホチキスなら左上1箇所? それとも2箇所? 左2箇所綴じなら、後日穴開けて綴じることも考えて、パンチ穴部分は避けて綴じないといけないよ。それとも紙ファイルに綴じるの? はたまたドッチファイル
 なにも聞かずに、どうやってコピー取って、その後処理をする気なんだ。てか、そこまでが一セットで『コピーを取る』に含まれてるんだよう。
 だって、まだ「各人が望む、それぞれのコピーの取り方」も分かってないじゃろ? 私は、もらった原本の内容とか厚さとか前後の内容とかで判断するし、出来るけど、確認のために聞くよ? じゃないと、間違ってた時に困るからさ。
 
 つい先日も「これ、スキャナー取って」という指示に対して、なにも聞かずにスキャンしようとしていたから、つい「それ、JPGかPDFかDocuWorksか(どのファイル形式でスキャンするか)聞かなくていいの?」と言ったら、「あ、そうですね(ノンキ)」……うん、それ、もう何回注意したかな_no
 
 
こんな先輩居る~(笑)」とノンキにいってる人々よ。いずれあなた方も、ああなるのだよ。別に「平成生まれはモンスター」とは思わないけど。だって、昭和生まれも充分モンスターだから。
 アラフォー目前で婚活だってしてるのに、台所掃除をさせれば“アライグマのお洗濯”的な手つきで布巾を洗ってるの見た日には、アゴも外れるちゅうの。しかも、なぜか全面を丹念につまみ洗いしたらしく、下ろしたばかりの布巾が1週間でヨレヨレになりました。
 正直、こんないい歳の人に布巾の洗い方や乾し方を教える方が、20代の子に教えるよりダメージでかいよ。こっちの。「なんで私が教えなくちゃいけないんだろう……」と思って。それぞれの家庭事情もあるだろうから、必ずしも「家庭で教えること」では無くなってるだろうけれど、それでも今まで学校や以前の勤め先で教えてくれる人は居なかったのか、と。そんなことしなくていい、良い職場事情だったのですね。うらやましいですー(棒読み)。
 それでも、完全アラフォー(やっぱり婚活中)なのに、直径8cmの急須の茶こしに親指の先っぽほどしか玄米茶入れなかった前のパートさんよりはマシなんだよな……。
 
 結局、そういう人を見ていて、一言もの申したくなっちゃう人は、みんな生田カヨになるんだよ。あははははー。もうどうにでもなれ~。


 しかし、あのリアル感はスゴイ。柳原可奈子嬢のキャラ設定は、いつも秀逸だと思うのですよ。と最後に、褒めて〆。
[ 2009/12/11 22:07 ] 日々 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。