スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

思い出の“ワガママちゃん”

“傲慢なのに打たれ弱い” 未熟でワガママな若手社員はなぜ増えたのか? -ダイヤモンド・オンライン
◇「会社のワガママちゃん」チェックリスト

1 「仕事がうまくいかないのは上司・先輩の指導が悪いからで、自分は十分にがんばっている」と考えている

2 「この部署の仕事は自分に向いていないから、やる気が起きない。○○課なら必ずうまくやれるのに」と周囲にもらす

3 業務に対して勇んで前向きな提案をするけれど、内容は稚拙、しかし本人は全くその認識がなく自信にあふれている

4 自身への適切な指導に対して表面的には聞くふりをするが、決して従おうとせず、強く指導するとふてくされる

5 「サポートしてもらってあたりまえ」的態度で、感謝の気持ちが薄い
 ……うちの会社に来た派遣壱号嬢が、どストライクでこんなんでしたよ。全部まるっと当てはまってる。
 派遣という職に対するプライドも責任感もなかった(自分に対するプライドはチョモランマより高かった)し、理由を付けて仕事をしなかった(出来なかった)けど、
「お給料頂いてるんだから、その分きちんと働くのは当たり前ですよね♪」
という綺麗事を口にするのは好きな人でした(どの口が言うんだと、失笑の的でしたが)。表面的な事は分かってるんだ。実態は全く伴ってないけど。

 ※思い出して書いてみたら、ものすごい長文になったので、後半の愚痴は「続き」をどうぞ↓

 とにかく使えない、役に立たない、気が利かない、理由を付けて仕事しない、平気でサボる、なのに自分は仕事が出来ると思いこんでいて、無理解な会社に雇われてる可哀相なワタシに酔っぱらってる子でした。
 正直、初日で( ゚д゚)ポカーンとなるような事があって、一週間過ぎた頃には部内のほぼ全員が「こいつぁ使えねぇ」と愕然としたんですが、なんでそんな派遣を“チェンジ”しなかったのかは、ひとえに当時いた部長が「来たばっかりの派遣を『替えてくれ』とは言いにくい」「相手(派遣先)に手間を取らせては申し訳ない」という考えだったから。
 だって私らは部下だけど、派遣壱号嬢は“お客様”だもんね。
 だから、私も課長も、ほかの課員も色々言いましたが、部長には全く受け付けてもらえませんでした。
「本人に合った仕事をさせてあげて」とか「彼女を使いこなせないのは、君たちが悪いんじゃないの(ここまでストレートには言わなかったが)とか。
 あとはもうバカバカしくなって、誰も部長に意見を持って行かなくなりました。
 ナニを言ってもこっちの損にしかならないし、壱号嬢には向上心が無い(口にはする)から教えてもナニも身に付きそうもない。だったらもう、彼女の契約期間が終了するまで、そこそこの仕事をさせて音便に済ませるしかない……という、極めて後ろ向きの結論に到達しました。下っ端同士で。 
 
 
 だから、早く契約切れないかと思ってましたよ。
 だって仕事しないんだもの。それ以前に出来ないし、理解力無いし。挙げ句、
「わたし、二つ以上の仕事が来るとパニックになるんですぅ」
 1つ2つってもね、たとえば入力作業の合間にコピー頼むとか、そんなんよ? 事務系には日常茶飯事でしょ。それでパニックになるって。どんだけ処理能力低いんすか。
 おまけに、入力作業つっても2時間ぐらいで終わっちゃうのよ、どんなに遅くても。でも、それを1日掛けてやる。もうちょっと早く出来ないのかと問うてみれば、
「間違えたくないんで、何回も見直してるんです♪」
 ……それでも間違えるんだけどな。で、その入力作業の合間に、自分のブログ更新したり、レストランに予約入れたり、ネット通販を利用してたんだよね。 
 
 じゃあ、単純なコピー作業なら出来るのかっていうと、報告書の全コピー(300頁とか)を頼むと、今度は単純作業&量が多いのが気に入らないんですね。どうせ何やらせても1日掛かりなんだから、ごく真っ当に時間が掛かる作業(他の人なら半日で余裕だけど彼女なら1日の量)ならいいじゃん、と思うんですが、本人的には違うらしい。
「なんだか飽きちゃいましたぁ。●●さんに代わってもらいたいですぅ」
 ま、誰も代わらないわけだが。考えに考え抜いて、“彼女にしかできない仕事”を与えているわけだから。他の人は、もっと忙しいんだよー。
 
 
 こんな壱号嬢に、なぜ誰も文句を言わなかったのか。
 最初は色々注意しましたよ。でも、言っても本人には全く通じないんです。
 なぜなら、当人はきちんと仕事をしてると思ってるし、やれる能力があるのに単純作業しかさせない私らは人を見抜く能力のないアホだし、そもそも私にピッタリの仕事を与えられないあなた達って、無駄に歳食ってるだけで、それまでの経験も生かせないバカども、と思ってるから、こっちの注意なんて聞くわけがありません
 誰だって自分より格下の人間の言う事に耳を貸しませんよね? 彼女の中では、自分以外の全員がそうだから、「ここをもう少しこうして」とか「もっと早くお願いします」と言っても、
「バカがナニ言ってるの(ゲラゲラ)。だったら、私の能力が生かせるまともな仕事もってらっしゃい」
ってなもんです。でも、無理解な格下人間(私ら)から注意は受け続ける。となると、どうする(なる)か。
 泣きながら親に電話を掛けるんですよ。仕事を抜け出して。
 そんで帰ってからも家族の前で会社や私らの文句言って、「お前は間違ってない」とか「そんな会社はこっちから願い下げだ、と言ってやりなさい」と慰めて貰って溜飲さげるわけです。

 なんでそんな事まで知ってるかって?
 だって本人がブログに書いてるんだもん。限定公開されてるわけでもない、誰でも見られる無料のブログに。キーワードさえ分かれば、検索でたどり着けるし、たどり着いちゃったわけですが。
 もし会社の機密でも書いてりゃ守秘義務違反でチクったろうかと思いましたが、上司や同僚(私)の悪口だけじゃムリですもんね。
「会社で花見とかウケる~。朝から準備とかバカじゃね?」って書かれてもねぇ。それは会社の機密じゃないし、個人の感想は自由だもんね(#^ω^)ビキビキ
 
 ほかにも
「お天気が悪い時は具合が悪くなるんです(病弱アピール)」
と言いつつ、そういう時はたいてい明け方までペインターでお絵かきしてたり、仕事中、具合悪そうにしておいて、帰ったら携帯のデコレーションをテンション高く夜中まで、とか(全部ブログで途中経過アップしまくり)。
 社会人なら仕事の支障にならない範囲で趣味をやれ、と思うんですが、彼女は逆でしたね。

 うーむ、いま思い出しても腹が立つ。あんな人間に有効な対処法があるのか。 
 今後も連載予定というけれど、もっと早くに教えてくれたら、こんな壱号嬢もなんとかなったんでしょうか?
 まぁ、別に悪口言われてまで育てる気もないけど。そこまで善人じゃありませんから。
[ 2009/06/04 22:08 ] 日々 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。