スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

たまに食べるジャンクフードは旨し

 先日、とあるお芝居を見に行ったときに、久々にファストフード店に入りました。一応、色々下調べ(原産国とか)して、クーポンも手に入れ、禁煙・喫煙の有無も確認して、いざ入店……そこまで気合い入れんでも、と思わぬでもないですが、某国産品はなるべく避けたいのですよ、こういうのを見ると(注意 ややグロ)。いくら「管理・検査を徹底してます」って言っても、水と土地と空気がコレじゃあね。
 
 本題はそこではなく。
 
 なるべく喫煙席から遠く離れた場所がいいなぁと店内見渡すと、いかにもランチミーティング中っぽい一団(つっても4人)が。うーむ、隣におじゃまするのもなぁ、と思いつつも、ちょっと離れた席しか空いてなかったので、そこに着席。
 聞き耳立てるつもりはなかったけど、聞こえてくるわけですよ、話が。だから、ランチミーティングは個室でやるか、会社に戻って会議室使いなよ。 私がライバル社の人間だったらどうする。なぜファストフード店内というオープンな場所で、新製品の売れ行きについて話し合ってるんだ(^^;)
 
 とあるメーカーの、とある商品の営業担当(?)チームのようでした。ほほう、あのシリーズは苦戦しておるのかね。って、武士の情けで伏せますけれども。
 私には関係ない商品でしたが、食事しつつなんとなく聞き続け。
 一番若い人が熱意を持って商品アピールについて訴えておりましたが、顧客の立場から言わせてもらえば、それはどうかなぁ、もっとこうして欲しい部分があるんだよねー、と思ったり。
 
 商品をアピールしたいなら、webで詳細を伝えるのがベストではないにしろ(ネットに接続できない環境の人もいるから)ベターだと思いますよ。パソだけじゃなく、携帯からもアクセスできるサイトとか。
 日常的にwebにアクセスする人間は、商品情報はテレビや雑誌より、webでリサーチしますから。だいたいテレビや雑誌なんて提灯記事ばっかだから(と思う)信頼度は低いです、ワタクシ的には。どうせスポンサーから褒めろ、持ち上げろと言われてるんだろー、と懐疑的。
 まず公式サイト見て、それからユーザーの使用感をチェック。もちろん、ユーザーだって会社側から依頼されてブログに書く人もいますから(前に、ちょっと問題になりましたよね)、それっぽいブログが引っかかった時は、何割か差っ引いて見ますけど。
 だから検索する時には、商品名+ネガティブな単語を入れるようにしています。「○○ 良くない」とか「○○ 合わない」とか。宣伝やショップサイトを除外できて一石二鳥(完全には除外できません)。 
 あと、同じ品物なら、なるべく国産品を買います。応援と感謝の意味も込めて。
 他にも、妙なもののスポンサーになってないかとか、過去のクレーム処理の仕方が報道沙汰になってないかとか。まぁ、これは全商品について調べるわけじゃないけど。大きな会社の場合って事で。
[ 2009/03/03 21:49 ] 日々 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。