スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今期のドラマ

 見た順不同。長い上に辛口ですわよ。


 データに基づいて、整然とした理論を展開する事が要求されるはずなのに、天然天才ちゃんの思いつきと妄想で解決するのが今期ドラマの流行? と思った「ヴォイス」と「キイナ」。どっちも展開にムリ有りすぎ。
 昨日の「キイナ」じゃ、
 
 あんなにきっちり整頓している人の血液型はA型に決まってる → だから、検査結果の血液型の方が間違い → トリックがあるに違いない → 有りました
 
のトンデモ展開に倒れました。なにそれー。
 あのねー、うちの母親はおおざっぱと言われるO型ですが、台所掃除をすると水滴一つ残さないほど拭き上げますよ。ものも、きちんと並んでないと気が済まない。本人も「OよりAの性格に近い」というぐらい神経質。
 まぁ、ある程度“くくれる資質”ってのもあるけどさー(経験上)、神経質なきれい好きだからA型とは一概には言えないですよ。
 それを刑事が言うって。しかもそれが当たっちゃうって。ぼあー。
 唯一面白かったのは、骨折してる塚っちゃんが、そのままの設定で登場したとこですか。てか、塚っちゃん、キャスティングされてたんかい。見るまで知らなかったよ。
 
ヴォイス」も似たようなもんで。
 現場行ったり、聞き込みしたり。挙げ句に、主人公の妄想(天才的なひらめき、とも言う)で欠損部分を埋めて、遺族に報告って。
 法医学的アプローチはどうしたんだい、法医学部の学生なのに。
 なんかこう……もっとこう……法医学的に濃い話(現状比)を見たいのであって、とんち小僧とその仲間が見たいわけでは。キャラ造形も、一部ベタなわりに、ほとんど生きてないし。
 
 
トライアングル」もねぇ。あんだけのキャストを揃えておきながら、この有様ですかい、と。個々人は良いのにねぇ。特に稲垣さんのおもろ演技。
 そういえば、「チームバチスタ」(ドラマは完走せず)でも思ったのですが、なんで原作と違う人が犯人なんでしょう? いや、「トライアングル」は原作読んでないけど、テレビ誌を読んだらそういう風に書いてあったもので。
 あれですか。原作読んだら犯人が分かる → 犯人が分かったら見なくなる → だから犯人を変える…………いや、犯人が違うなら見る、ってもんでもないと思うけど。それ以前につまらなかった見ませんよ。
 
 
 去年ほとんど見てなかった「相棒」は、亀ちゃんが居なくなった途端に面白いんですが(複雑)。相変わらず“政治的”に、もにゃもにゃする部分は有るとしても。
 先週の益岡さんも(水谷さんと並んだら「名探偵 左文字進」みたいだ)、今週の丸山くんも宜しかった。
 新しい喧嘩友達ができたね、良かったね、いたみん! と思ったのに、左(丸山)くんは本庁に来ないのか。残念。まぁ、別の曜日で執事もしてるから忙しいのでしょう。
 
 
 そんな「メイちゃんの執事」は、開始10分で脱落。いや、保ったほうだ、私にしては!
 しかしなんだね、あれは執事というよりホストじゃないのかね。執事というなら志賀廣太郎さんをキャスティングしたらどうなんだ。ああ、むしろそっちなら見たい。万能執事・志賀さんと、でっかいメイちゃん。その息子で見習い執事の水島くん。原作(未読)まるで無視ですが。
 月1億円も授業料を払って、あんな(イジメなんかしちゃうような)品性下劣なお嬢様しか育たないのは問題じゃないか、あの学校。
 ……なんて目くじら立てて見るドラマじゃないんでしょうけどね。
 あと、いくらなんでもやまだゆうのじょしこうせいはやりすぎだとおもいます。
 
 
Q.E.D. 証明終了」。トミーがレギュラーで出るというから見てみた。我慢して見た。出番、あれだけかいっヾ(`Д´)ノ トータル数分のために、45分の苦痛を我慢できません。
 そして、主役男子も主役女子も、私にはキツかった。特に女子。かわい……く………………な(以下略。
 容姿がワタクシ的ヒットしなくても、立ち居振る舞いが“かわいい”という事があるじゃありませんか。それも……あんまり…………な(以下略。
 謎解きも特にどうという事もなく。少年ドラマシリーズ作ってた局とは思えん。
 
 
銭ゲバ」。初回20分だけ視聴。松ケンだと、顔に傷があってもモテちゃうと思うのだが。
 原作は以前読みましたが、あれを土9でやろうと思った勇気には乾杯。でも、多分グダグダになる気が。原作はなぁ、70年代だからいいんだよ。ネカフェ難民やホームレスがクローズアップされるご時世、アパート住んでて、仕事があるだけでもマシじゃんと思ってしまった、ドラマ冒頭。
 
 
 今期一番面白い(ダブルミーニング的な意味で)のは「天地人」ですかね。男祭うはー。
 いや、北村一輝さんが無口なもじもじ君ってだけでおもしろい。おまけに演出がコント。去年の「篤姫」とうって変わって、ドキっ!男だらけの戦国時代。意外にも、サンクス モニカな信長様が宜しい。
 しかし、一昨年だのその前の前だの、そのもっと前だのが頭の中で絡まっちゃって、
「がっくんが成長したらアベちゃんになるのか~」とか「西田尚美は礼子姐さんになるのね~」とか(「風林火山」)、「秀吉が米つきバッタということは、まだ隆也は足軽ね」とか(「功名が辻」)、「このころ、渡辺政宗と西郷小十郎はどうしてたかな」(「独眼竜政宗」)とか、大変な事に。 
 うちの母親も同じように絡まってるらしく、「Gacktがアベちゃんになるのよね?」と確認されました。うん、なるよ! ……? いや、ならないのか? なるんだろうな、歳食ったら……どうだろう? ま、ちょと覚悟はしておけ。
  
 とりあえず、家族の団らんの一環としてみている「天地人」はともかく、あと見るのは「トライアングル」と「相棒」ぐらいですか。「ヴォイス」はそろそろ脱落しそうだけど、あと一回だけ見て判断しようと思います。
[ 2009/01/22 21:19 ] TV・ドラマ | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。