スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

散歩

 頸肩腕症候群様の症状解消のため、週末には1~2時間ぐらい散歩してます(医者推奨)。
「そんなに歩くのか!」と驚くなかれ。休耕田の脇とか川っ端とか、なるべく自然の多いところを選んで歩くと、どうしてもそのくらい掛かるだけの話。
 田舎だから、一本道をぐるーっと回ると1時間ぐらい、すぐですよ。同じ道を引き返す、ってんじゃ面白いないから、なるべく来た道は辿らないをモットーにしてます。

 これは「町内ウォーキングコース」内にある住宅の見事な白アジサイ。 
紫陽花


 最近、あんまり見ないなぁ、と思ってたレンゲ畑を発見。一面ピンクでしたが、ふつうに撮ると民家が入ってしまうので(個人情報保護←笑)苦肉のショット。
レンゲ草
 
 
 ところで、ジョギングしてる人や犬の散歩をしてる人とすれ違う時には挨拶してるんですが、年配の男性は「ジロリ」と睨むだけで目礼もしません。ご自分の世界に没頭されてる人ばかりなんでしょうか。ジョグ中だろうが、歩いてる人だろうが、睨んで無言で通り過ぎます。
 睨むってことは聞こえてるんだよなぁ。その上で、「知らん奴が挨拶すんな」ってことなんでしょうか。

 こっちは一人で歩いてるし、ヘタすると500m四方の空間に、そのおっさんと自分だけってぐらいの田舎道だったりするしで、無言で睨まれるとおっかないんですが、せっかく爽やかな朝なのに挨拶しないで通り過ぎるのもなぁ、と思ってしまうわけで。こういう時って、どうすりゃいいんだろう。

 というか、男性は年齢が上がるにつれて「無視」傾向が高く、女性は老若関係なく普通に挨拶してくれます(犬連れの女性の笑顔率は高いよ。犬もかわいいけど)。
 男性も若い人だと、ジョグ中でも挨拶し返してくれる人が多いです。目礼だけの人もいるけど、軽くぺこりとされるだけでも、ちょっとほっとします。睨まれるよりはね。
 てか、挨拶ぐらいしましょうよ。こういうご時世だからこそ。

 ああ、でも「親しげにされたのが気に入らなかった」とか言って刺されちゃったりしたら、挨拶損ってことでしょうか。やはり触らぬ神に祟り無し、なのか。たかが挨拶だけど。
 そんな事が気になるから、ストレス性で首が痛くなったりするのか。むう。
[ 2008/05/07 21:55 ] 日々 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。