ヒドイ目にあった

 水曜夜10時頃、突然、身体全体が震えるような悪寒に襲われ、その後ピー(ダブルミーニング的擬音)。
 ああ、この身に覚えのある唐突な体調の悪化ぶりはアレだ。と思ったが、自己判断は禁物。とりあえず今夜乗り切れば、明日の朝には病院に行けるわいな、とガタガタ震えながら七転八倒(ややオオゲサ)。
 実際、震え自体は1時間ぐらいで止まったんだが、二時間おきぐらいには行ったり来たり(ドコ、とは聞いてくれるな)を繰り返したので、ほとんど眠れない。
 翌木曜日朝、親に事情を話し、8時過ぎに会社にも連絡して病院へ。
 やっぱりウイルス性胃腸炎だったぜ、イエイ('A`)v
 とりあえずクスリ貰って、医者推奨のポカリを買って帰って、ただひたすらに寝る。いや、眠れませんけどね。行ったり来たりは続いてるわけだし。ただ、寝るぐらいしか、やる事ありません。3倍に薄めた常温ポカリで水分と電解質を補給し、横になると内臓がグニグニするし、かと言って仰向けに寝ると背中が痛い(発症夜の全身悪寒で背中痛めたっぽい)。仕方がないから、ぐるぐる回る。
 夕方になってようやく色々収まって来た(ある意味、毒素が出きったとも言う)ので、もそもそ起き出して、おかゆ的なものをごく少量口にする。
 その夜、ようやっと眠れる。
 金曜朝。意外とすっきり目が覚めたので会社に行こうとするも、親に止められる。まぁ、考えてみたら丸一日以上ロクに物を食べてないし、まっすぐ立てない状態なので、会社に行く方がムチャか。意外と社畜だな、自分。仕事、全然無いのにな、いま(会社的にヤバイ)。
 再びおかゆ的なものを食べて寝る。なんちゅうか、希釈ポカリだろうが、おかゆ的なものだろうが、なにか胃に入れるたびに腸がぐにぐにするのが気持ち悪い。
 昼頃、ようやくPCを点ける気になる。メールチェックしたら、友達からメール。勝手にお見舞い認定してお勧めクリックしまくり。うっひょー、おもしれー。満喫。返事はもうちょっと待ってください、友よ。長文メールは大好きです。
 結局、金曜日は腸内洗濯機状態が気持ち悪く、普通に物も食べられないまま、行ったり来たりが収まっただけで終了。眠れただけマシか。
 そんでようやく本日土曜日。夕方になって、やっと人並みの量のおかゆが食べられるようになりました。長かったなぁ。前回は、もうちょっと早く食欲が復活したのだが。
 実際、いまだに食欲自体、回復したかどうか不明。お腹は減るけど、食べたいという気持ちがあまり沸かない。ただ、希釈ポカリが無くなったので、栄養をとる為には食べねばならぬ、ということでおかゆ食べてる状態。
 ちなみに体重は2kgほど減りましたが、筋肉も減ってるだろうから嬉しくありません。つか、こういう不健康な方法で減ってもねー。治ったら前以上に戻るからねー。
 
 それにしても、ウイルス性というからにはどっかで貰ったと思うんだが、本当にこういうのはどこで拾ってくるのだか。うがいも手洗いもマメにしてるのにさー。
 
[ 2008/02/23 10:45 ] 日々 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する