ある意味、エビちゃん

 会社でブチ切れた話を披露したら友達にドン引きされた日曜日。
 普段から小ギレはしてるけど、あの時は「もう勘弁ならん!」と大切れやらかしたんだが、そら普通に引かれるわな。すみません、急性あんこ中毒と持病以外に中二病も長年患ってます(微妙)。ふだんは隠してつもりなんだが、いろんな物事が複合するとガーっと出るイタイ人です(開き直り)。
 まぁ、「すの(仮)さんだから……」と思われるようにキャラ作りをやって来たし、部長公認キャラ(「厳しく言う人が居ないとダメだから」←“厳しい”の部分を超訳解釈)ではあるんですが。意外とやってる時はブチ切れてる反面、ドキドキですよ。いや、別に好かれようとも思ってないからいいんだが。怖い人だと思われた方が上手く行くことが多いんだよ、仕事は@私の場合
 問題は、そこをフォローしてくれる「癒しキャラ」が不在なこと。前にいた正社員女子(仕事も出来るし前向き思考だけど天然ボケのおかん気質)とだと、私が鞭で彼女が飴の役割を担ってくれてたから上手く行ってたんだけどなぁ。一人で鞭も飴もやるのは疲れるし、そもそも飴はキャラじゃないからムリ。
 
 その他の事についても、けっこう引かれてた感じがするが、気のせいだって事にしとこう。
 ただ、年齢が上がると潜在的に求められる事も増える、ってのは事実ですよ。その歳で色々仕事してきたなら、ここまでは含んでる(分かる)よね、って普通に思われる。私だけじゃないですよ。他の人もそう思ってる(ことをナゼか私に伝える……自分で言えよ)。新しい職種だから慣れる・慣れないというのとは別の部分で。
 一ヶ月で仕事飲み込めてデキルようになる、とは思わない(求めない)けど、その一ヶ月間の振る舞いようで、「この人は仕事出来る・出来ない」の判定はする。仕事のやり方とか相手に対する気の使い方とか、お茶の入れ方とか掃除の時の動き方・片づけ方。それが「年齢が上がると潜在的に求められる部分」なんす。
 と、こういう説教モードに入るから、引かれるんだよなー。ごめんね、こういうキャラだから諦めて(笑)。
 
 
 てなわけで、市内友達と「SLOW+K」でご飯。11時30分ぐらいに入って17時ちょい前に出た。居すぎ。個別に支払いは出来ないというので、一人が代表で払って、みんなから回収。一人1,380円(日祝日料金)で、胃袋がはちきれんばかりに食べた。というより、いつもより断然食べた。食べ過ぎ。結局、昨日は「一日一食」。
 前回よりも品数が増えてたなぁ、と。それでも、オープニング直後の方が品数は多かったですよ。
 バレンタインフェア中だからか、いつもよりお客さんが多くて、食器や料理の補充が間に合ってないことが多々。がんばれー。gate's開店直後から唯一がんばってるお店(イメージ)なんだから。
 
 仕事の愚痴やら最近みたテレビ番組やら懐かし漫画やらただいまハマり中の漫画の話やらで5時間強。まだ話し足りないのが女4人の恐ろしいところだ。

 
 ちなみにタイトルの意味は「話しをして人をドン引きさせる」→「人をエビのように逃げ腰にしてしまう人」という意味のギャグで……って、解説するようなギャグは三流!
 まだまだだな>私
[ 2008/02/10 11:11 ] 日々 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する