どうしましょう? と言われても

 先日、立て続けに現れた営業マン。二人とも別の会社。
 受付の内線電話からこちらの部署に電話してきたんですが、訪問相手が不在。
 この段階で「アポ取って来いや」と思う反面、まぁ“営業”だしね、とも思うので、あんまり腹は立たない。問題は次。
 
営業くん「でしたら……どうしましょう?」
 
 知るか。どうしたいかぐらい、自分で考えろ。
 そもそもキミは“営業”に来てるんだろ? アポ無しで訪ねてみたら、相手が不在でした。で? その次はどうするの?
 それを訪問先の社員に聞くなよ、ボケが(口悪い)。
 
 という気持ちを心に忍ばせつつ、
私「どうしましょうねぇ?」 
と返答してみたり。あら、全然忍ばせてないわ。
 
 某コピー・プリンター会社の代理店の若いのは、5分ぐらい電話口でグズグズ言ってましたが、これはもうダメだと悟ったらしく、
営業くん「では、パンフレットと名刺だけでも置かせて下さい」
私「わかりました。こちらから取りに参りますので、もう少々お待ち頂けますでしょうか」 
と、取りに行ったさ、受付まで。そこでもまだグズグズ粘る若いの。
営業くん「○○さん以外にお分かりになる方はおいでじゃないですか?」
私「元もと担当だった者が退職しておりまして、明確な引き継ぎをしていないものですから、誰が担当とははっきり言えないんですよ(だから早く帰れ)」
と言ったものの、多分ほかの人に聞いたら十中八九「お前やろ!」とつっこまれるに違いない。うん、私もそう思う。でも、面倒くさかったんですもん。「どうしましょう?」と言われた時点で。

 その後に来た事務機器屋の営業おっさんも、「どうしましょう?」と言いやがった(口悪い)けど、こればっかりは本当に担当者じゃないと分からない内容だったので、名刺だけ貰って、お引き取り願いました。
 
「どうしましょう?」って言えば、譲歩すると思ってんのかしら。あるいは言質とれると思ってるのか。そんな逆ギレっぽい恨みがましいセリフ言われても、引き下がりませんことよ。
 むしろ「うちの部署には前髪の先っぽだって入れねぇぜ」ぐらいの勢いでノラクラします。
 
 コピ屋の若いのは本当に途方に暮れてたけど、事務機器屋のおっさんは営業テクっぽかった。ですが、人によってはあんまり有効なセリフじゃないから(むしろ逆効果)止めておいた方がいいと思います。
「『どうしましょう』より『こうしましょう』」という言葉もあることだしね。
[ 2007/12/19 08:35 ] 日々 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する