スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

お昼休みにちょちょいと

 会社の昼休みにちょちょいと手術を受けました。一週間前。とある所に出来た、とあるデキモノを切除したのでございます。

Dr.「15分ぐらいで終わるから」
私 「はいはい」
 
 局所麻酔かけてちょちょっと切って、コロンと出したら、ざくざく縫って終わり。という話だったのですが(Dr.はもっとちゃんと説明してくれました)、いざ開けてみたらそんな簡単な話じゃなかったぜ。
 切っても切っても終わる気配が無く、縫っても縫っても終わる気配がない。途中で麻酔が切れかかる度に追加。
 そんでも、午後からの仕事は普通にこなす社畜ぶり。って特に仕事らしい仕事は無かったし、痛み止めも化膿止めも貰ってたから「帰る」という選択肢を思いつかなかっただけです。単にアホ。
  
 触診では粉瘤じゃなかろうかとの事でしたが、いざ摘出してみたら

Dr.「……なんか……思ってたのと違う」
私 「えっ!?」
Dr.「うーん。検査に出すから結果はまた今度ね」


 てなわけで本日再び昼休みに経過観察兼ねて行ったら、検査結果が来てました。曰く
なんかよくわかんないし、あんまり見ないタイプの腫瘍だけど、悪性じゃないことは確かだyo! (ゝω・)☆キャピッ
Dr.「…………」
私 「…………結局どういうことで?」
Dr.「なんだか良く分からないモノだという事が分かった……ってことかな」

 ……そうかい……医学の進歩も大したことないな……。
 
 とりあえず丸ごと摘出したので再発はないだろうということでした。
 けっこうデカかったのですよ。2cmはないけど、1cm以上は確実にあるデカさ。
 人様から見える場所じゃなかったもんで長年放置してたんですけど、ずっと刺激してると悪性に転化するかもしれん、とネットで見たので、ついでの時に取ってくださいとはお願いしてたんですね。
 で、取ってみたら「なんだか分からん組織のカタマリ」でした。
 なんだろう、このオチの無い、まさに落ち着かない感じは。
 
 鼻の奥にあったなら「UFOにさらわれた時に埋め込まれたヤツ」とか持ちネタに出来たのだが(不謹慎)。
スポンサーサイト
[ 2015/07/31 22:23 ] やまいだれ | TB(-) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。