月別アーカイブ  [ 2014年04月 ] 

最近のこと 2

 消費税が8%になりましたね。
 ……うん、分かってる。8%になって一ヶ月経とうって頃に出すじゃない。遅い。遅すぎる。
 でも、消費税が8%になったのは事実。そして、「どうせ高いなら良い物を買いたい」というふうに(自分の)消費動向を持って行きたい。
 しかし、貧乏社会人に金は無い。だって、うちの給料はまだ景気の波に追いついてないんだよう。
 
 そんな時、本屋で見かけた「手ぬぐい洗顔」というタイトル。
 
 …………ニヤリ
 
 家に帰ってぐぐったね。そしたら普通の石鹸でメイクも落とせる、というじゃありませんか。いいね、手ぬぐい。ナイスだ、手ぬぐい。
 ちょうど「濱文様」が出店したことだし、日本製の手ぬぐいでくすみも角質も、メイク落とし代すら浮かせようじゃありませんか(みみっちい)。
 
 だって、良いこと書いてあるんだもの。毛穴が小さくなるとか、お肌すべすべになるとか、手ぬぐい自体、乾燥が早くて雑菌が繁殖しにくいとか。
 先日、久々に取り出したマイクロファイバーの毛穴洗顔布がカビてたショックもあって、さっそく手ぬぐいを買って参りました。
 
 私が買ったのはこちらデコポン柄です。
 色落ちしないもの推奨なんだけど、気に入ったのだから仕方がない。
 
 私は「手ぬぐい 洗顔」でぐぐったやり方を参考にしています。
 基本的には「やさしく、なでるように」。
 私は手ぬぐい本体では無く、泡の層だけが肌にあたるように心がけでクルクルしてます。全身そんな感じ。膝とか肘とかはちょっと強めに擦ったりするけど、ほかは撫でるだけ。
 で、落ちるんだ、これが。
 元々ガッツリフルメイク派じゃないし、アイラインもマスカラもしないダラけたメイクのお陰かもしれないけど、アイシャドーも口紅も残らない。小鼻の脇もちゃんと落ちる。
 けっこうな乾燥肌ですが、お風呂上がりには身体を拭く前に馬油塗って、着替え終わった頃に手持ちのクリーム追加するだけ。ああ、ラク。面倒くさがりには夢のようにラク。
 ちなみに、まだ肌荒れはしておりません。で、心持ち毛穴が目立たない気がする。ビバ、プラシーボ。
 
 メイク落とし代が浮いたわ~。いや、バカにならないでしょ、あれ。詰め替え用でも600円ぐらいするし、安いものは簡単メイクですら落ちないし(某社のクリームタイプはベタつくばかりで、しっかりファンデが残ってましたよ)、コットンタイプは落とし切れてない気がするし。
 
 手ぬぐいと石鹸(私は牛乳石鹸使用)でメイクも落とせて全身洗えるとは、コストパフォーマンスが良い。
 部屋に吊して乾かせば、お部屋の湿度調整もできる(気がする)し(梅雨時除く)。

【追記 4/26】
 手ぬぐいの使い始めには横糸が結構ほつれます。その都度、ほつれた糸だけ切っていくと、1週間ぐらいで止まります。縦糸は切りません。
 ほつれないように縫っちゃうと逆に水切れが悪くなって、そこからカビることもあるようなので、ほっぽっておくのが一番のようです。本当、面倒くさがりにはありがたい布ですわ。
 あと、ガッツリメイク派の方は、ポイントリムーバーでマスカラとアイラインだけは別に落とした方が良いみたいです。
 と、ググればたくさん出てくる情報を今更のように追記してみました。やっぱり“たくさん出てくる”って事は、自分と同じように思っている人が居るからなんだね、と思った次第。

  
 やはり昔からある物は良いなぁ、というお話。
[ 2014/04/25 21:51 ] 日々 | TB(-) | CM(0)

最近のこと 1

 年度末にすごーく忙しいのに(残業もそれなり)4月に入った途端、なにごともなかったかのようにヒマになる年
 
 と
 
 年度末はそこそこ忙しい(残業もあまりない)ぐらいなのに、ゴールデンウィーク前になってもダラダラと切れ目無く仕事が続いてる年
 
 があるのですが、どうやら今年は後者のようです。
 
 お陰で肩こりがヒドイ。一日終わるとブログ書く気力がなくなるぐらい。毎日左右交互にコリがヒドくなる。マッサージ行っても、湿布を貼っても、翌々日には元の木阿弥さ。
 
 仕事中は脳内現実逃避で色々考えてるし、ネタが無いわけでないのですが。
 前期はアニメが豊作(自分比)だったので感想書きたい。けど、今期始まっちゃってるし今更だもんね。
 今期のアニメは「蟲師」しか見てないですね。それも途中で寝てしまう。いや、退屈で寝るんじゃないのよ。気持ちよすぎて寝落ちしてしまう。ほれ、「良い音楽は眠くなる」というでしょう。アレと一緒。オープニングからしてもう心地よいからね。あそこだけエンドレスで流して欲しいくらい。
 原作は読んでないんですけどね>蟲師
 そういや映画は見に行ったなぁ。大森南朋目当てに。けど、ストーリーをさっぱり思い出せない(老化現象)。ただ、アニメの方が断然いい雰囲気だなぁと思う。あの静けさが良い。
 
 今期はドラマの方にハマリぎみですね。「ホワイト・ラボ」と「BORDER」と「ロング・グッドバイ」。「ビター・ブラッド」は役者陣は好きなんだが、いかんせんストーリーがダメだ。やはり渡部篤郎氏は「外事警察」みたいなピリピリした雰囲気が好きだなぁと。あのヤサグレピリピリスーツは良かった。

ホワイト・ラボ」はもう単純に谷原章介バンザーイ(敬称略)で見てます。スーツ♪スーツ♪ イヤミ眼鏡スーツ、ありがとうございます! 眼鏡が無くても良い。あんな目立つスーツなのに、元公安ってところがさらにいい。

BORDER」は陰惨な事件ながら淡々として、さらに台詞が独特(時々文語調で会話するとこ)で好きですね。こちらは長身スーツトリオでごっつぁんです。

ロング・グッドバイ」はですね。非常にけしからん第1話でしたね。なんなの、あの男同士のイチャイチャ。30分ぐらいキャッキャウフフイチャイチャしてたよね。で「あなたになりたかった」とか「あなたが止めるなら戻ってきます」とか、逆プロポーズか。
 土砂降りの雨の中で行き倒れた青年を事務所に持って帰って裸に剥いて毛布ぐるぐる巻きとか、なんとういうテンプレ。
 夕陽に照らされる切ない横顔をただ見てるだけとか、向こうが言わないからこっちも聞かないという適度な距離感とか、ちょっとありがちな口ゲンカとか、その後の音信不通からの血まみれボロボロ銃携えての「横浜まで連れて行って下さい」懇願に対する見事なアッシー(死語)ぶりと、あえて逃亡を止めないやるせなさと、警察からボコられても相手の行き先を喋らない義侠心。
 ……ココロの丼飯が何度からっぽになったことか。むしろ、おひつごと頂きましょう、というような勢いでしたよ。
 今週からは主に回想シーンにしか登場しないんでしょうが、なんちゅうかもう、なんだあの二人って話でした。
 
 しかし、今期ドラマはキャスト被りが甚だしいですね。「ロング・グッドバイ」で滝藤さんのナレ&登場に喜んでいたら、「BORDER」にも出てくるし(こっちの役もいいんだよなぁ。準レギュラーになってくんないかしら)。この二つには古田新太も出てる。そして前期ドラマでも出た堀部圭亮さんがここでも。彼も連続3回ぐらい見てるぞ。てか、堀部&ふるちんは「隠蔽捜査」でも見たばっかりだ。共演シーンはなかったけど。
 
 というわけで、忙しいと言いながら、スーツ姿で栄養補給している日々です。
[ 2014/04/24 22:34 ] 漫画・アニメ | TB(-) | CM(0)