スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ついに鶏肉を煮込む!

 らっきょう酢を極めんとする母子、ついに鶏の中手羽を煮込む!(ドーンっ!)

 母のお友達が「簡単よ~♪」と教えて下さったので作ってみました。いやもうホントにマジ簡単。
 ちなみにお肉系の写真って一眼レフで撮ったものでもないかぎり、シズル感どころかグ○画像的なものになるのは否めない上に、さらに画質は保証の限りではないガラケーによる撮影なので、そこんとこはなんかすみません。あんまりおいしそうに見えない。特に煮込み前。
 以下、手順。

 酢で煮込むので、ほうろうの鍋にしました。鍋底いっぱいに中手羽を敷き詰めて、ひたひた程度にらっきょう酢を入れます。ちなみに、この酢はダイコン漬けてた酢。廃棄するのがもったいないから煮込みに転用。余すことなく使い切るのは貧乏人の鉄則。
 鍋に中手羽とらっきょう酢
 ところで、このほうろうの鍋は見たこと無いと思っていたら、なんと結婚式の引き出物だそうで。重いがな! しかも、引き出物なことは覚えているが、誰の結婚式だったかはとんと記憶にないらしい。あかんがな!

 初めは中火で
 火加減はこんなもんで。って、分かりにくい。最初は中火、お酢が煮立ってきたら弱火にします。お砂糖が入ってる分焦げやすいので、肉に火が通る前に焦がさないように注意。

 油が出てくるので「油を吸い取る」タイプの落としぶた
 そのうちに表面にアクと油が浮いてくる、と母が言うので、不織布の落としぶたをします。この時、すでに弱火にしたはず。

 鍋のふちから色が変わってきたらそろそろ
 しばらくしたら、鍋のふちから色が変わってきます。カラメル作る時っぽいね。なので、火を止めて鍋を揺すると、あっと言う間に全体が茶色に変わります。この時、鶏肉にはしっかり火が通ってる状態になるように。

 完成
 出来たても美味しいけど、冷めても美味しいよ、というCM的な感じに出来上がりましたよ。
 何分煮るとか分量がどうとか、そんな詳細なレシピはありません。肉に対してひたひたになるぐらいらっきょう酢入れて中火に掛け → 煮立ったら弱火、しばらくして酢の色が変わり始めたら時々鍋を揺すって煮詰めつつ、酢がカラメル状になったら火を止める(それ以上やると焦げる)。
 たったこんだけで、美味しい「中手羽の甘辛煮」の完成です。

 煮詰めたらっきょう酢は中手羽のコラーゲン(?)と相まって、どうしても鍋底に残るので、そこにだし汁加えてさらにタケノコも焚いてみた。余り物を使い回すのは貧乏人の(以下略)
 初物のタケノコ
 鶏肉の旨味も加わってなお良し。今年の初物タケノコ、美味美味。
スポンサーサイト
[ 2014/02/21 22:16 ] 食べ物 | TB(-) | CM(0)

どいつもこいつも

 Google、お前もか!

 GoogleのTOP

 まぁ、ゲームは遊んでやっても良いとして。
 
 GoogleValentine2014

 ところでチョコの材料にあってはならないモノが入っている件。しかも私の嫌いなヤツ※Gが付く生物ではありません。
[ 2014/02/14 22:30 ] パソコン・ネット | TB(-) | CM(0)

社会人には学級閉鎖は無い(残念!)

 インフルエンザが猛威を振るっておりますね。
 うちの部でも毎年決まった人間がインフルに感染しますが(なぜ予防措置を取らないのか……)、今年は「例年罹らない人」までが罹っているイメージ。なぜなら、新型インフルの猛威すらくぐり抜けた部長チームのうち、もっとも体調管理に気を付けている人が倒れたから。マジか!X部長ってインフルエンザに罹るのか!ぐらいの勢い。まさに鬼の霍乱

 あんまりビックリしたのでブログ記事にしてしまいましたよ、部長!

 そんな中、日頃がんばっている部下を労おうと鍋パーティ@社内会議室を企画されているZ部長。いまこの時期、結構無謀な挑戦ではありませんか? どうしよう、週明けに参加者全員インフル発症してたら(ガクブル)。最初から参加予定の無いワタクシ以外が代休消化(=インフル罹患:我が社的意味で)とか恐すぎる。

 そんな私は自分の机周りにポータブルのプラズマクラスター(貰い物の生産中止品。まぁ、こういう記事もありますが)を配備、さらにどこかに触るごとにアルコール消毒液でしっかり手指を消毒。おかげで手が荒れ荒れですが、インフル予防のためなら仕方ない、と割り切ってます。
 なぜなら今年もワクチン打ってないから! だって高いんだもん、ワクチン代(貧乏)。その分、助成金が出る親にはワクチン打って貰ってます。年齢も年齢だけに、インフルはあかん、インフルは。
「持ち込まない、罹らない、拡げない」を合い言葉に、今年もインフル禍を乗り切ってみせます。
 そして金曜の夜にはニンニク食べて免疫力を上げる予定。頼むぞ、ニンニク!
[ 2014/02/13 22:07 ] やまいだれ | TB(-) | CM(0)

凡人度70%

 秋田公立美術大学の凡人診断をやってみました。結果はコチラ↓

 凡人診断結果

 うむ。常日頃から凡人を自認しているワタクシに相応しい結果です。

 これ、自分と真逆の回答選んでいったらどうなるんかしらね。と、思ってやってみた。
 40%でした(めんどくさかったのでスクショは取らなかった)。

「一見凡人だが天然」

 なるほど! 確かにそれは私じゃないわ。天然成分なぞ微塵も無いからな!むしろ天然系は嫌いな方だ(自分の性格なら、という意味で。他人様が天然だろうが計算だろうが、そこはキニシナイし興味ない)。

[ 2014/02/12 22:16 ] パソコン・ネット | TB(-) | CM(0)

今日も漬けた

 昨日は天気は良かったのですが、PM2.5の濃度がひどすぎて外出もままなりませんでした。
 うちは県の出してる数値と目視で確認するんですが、まず遠くのお山の稜線がまったく見えない時点で外出を諦めましたよ。いつもはどこのアルプスかってぐらいきれいに見えるんですけどね。

 で、今日は夕べ降った雨のせいか、霧(靄?)のおかげかで、ちょうど買い物に行く時間の数値が低かったし山も見えていたので、さっそく“らっきょう酢”を買ってきました。
らっきょう酢
 ※画像をクリックすると大きく表示されます。

 ついでに、いま漬けてる野菜をずらずらと。

 ラディッシュ。想像してた形と違うかもしれませんが、ラディッシュです。出荷目的じゃないんで(あくまで家庭菜園気質な従姉作)大きさも形もバラバラですが、いいんです!
ラディッシュ
 皮の色が全部酢の方に出たので、全体がピンク色に染まってます。一口サイズなので、気付くとバクバク食べてて危険。

 こっちは先週漬けた大根とニンジン。ローリエを香り付けに入れたけど、ローリエ感はさっぱりありません。
大根とニンジン+ローリエ

 で、たまねぎと葉たまねぎの中間ぐらいの大きさの間引きたまねぎ(仮称)。
たまねぎ
 すでに辛みは抜けてます。そのまま食べるより加熱した方が甘みが出て美味し。

 こちらは本日漬けたばっかりのニンジン。
ニンジン
 大根と違ってあんまり水分出ないと思うから、ちょっと多めに酢を入れてます。水分の多そうな食材の時は、だいたい全体量の半分くらい。そのうち水分が上がってくるので様子を見ながら、足りないようだったら追加します。

 ……てな事を書いていると「すごく料理ができる人」っぽく見えますが、野菜を切ったのは母親で、私は酢を買ってきて注いだだけですからね。あと、食べるだけ。
 いや、ラディッシュとたまねぎは切ったけど。切って注ぐ。そんだけ。

 では、これから豚バラと白菜の重ね鍋を作ります。て、これも簡単なんだけど。ここにピーラーでスライスしたニンジンをてんこ盛りにして華やかさを演出(笑)しようと思います。
[ 2014/02/02 16:33 ] 食べ物 | TB(-) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。