スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

命名されると“病気”になる(気がする)

あなたは大丈夫? 『頭内爆発音症候群』とは・・・ -- ロケットニュース24(β)
『頭内爆発音症候群』は非常に稀な症候群で、医学文献にはほとんど記載がない。この症候群は1988年、イギリスの医師によって初めて報告された比較的新しいものだ。以後、詳しい報告は存在していない。

音は眠りに落ちる1~2時間前に起きる。通常聞かれる音は、爆発音・衝突音・大声・悲鳴・炸裂音などであるという。痛みは全く伴わない。人によっては音と共に、眩しい閃光を見る場合もある。『頭内爆発音症候群』に苦しむ人は、睡眠を妨害されるだけでなく、激しい不安や恐怖に見舞われる場合がある。ただ、命に問題は全くなく、時が経てば改善されるために、報告が乏しいと思われる。
 ええぇぇ……ここ最近はないけど、たまになるわ、コレ。
 私の場合、爆発音というか「ものすごく大きな音なんだけど、実際に音は鳴ってない(なんの音、と明確に説明できる“音”では無い)」,「目をつぶると眩しい、開けると真っ暗闇(寝る前だから、当然部屋の中は暗い)」という不思議な状態。
 睡眠に苦しむほどでは無く(目を閉じると眩しいのは困ったけど。暗くないと眠れない質なので)、頻度も年一~二ぐらいだったので、さほど心配はしてなかったのですが、こんなもんでも“病気”なんだ。まぁ、脳溢血の前兆? と思ったこともありましたが、そういう心配はなさそうでホッとはしましたが。
 
 しかし、こんなものまで“病気”として命名する必要はあるのだろうか。「ごくまれになる人もいますが、時間が解決する類のものですから心配要りません」で済むのでは。
 “病気”があるから名前を付けるのか、名前を付けるから“病気”になるのか。
 
 でも、名前を付けないとオカルト方面に行っちゃう不思議(^^;)
スポンサーサイト
[ 2009/09/28 22:00 ] やまいだれ | TB(-) | CM(-)

花より根っこ

蓮
 
 お気に入りの散歩コースの途中に、蓮の花がいっぱい咲いているところがあります。畑や田んぼや民家に挟まれたところに、突然現れる蓮の花。
 とてもキレイで、思わず写真(携帯の)に納めました。


 ……ようするにレンコン畑なのですよ。あまり大きくはないのですが。
 いいの。花も綺麗だし、根っこも美味しいし。





 ※正確にはレンコンは蓮の「地下茎」ですが、語呂がいいので「根っこ」とさせて頂きました。
[ 2009/09/04 22:57 ] 日々 | TB(0) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。