スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

さらばヤンサン

“うえからめんせん”でお送りします。いや、なんとなく。

 
 とうとう明日、ヤングサンデー最終号が発売されますね。『鉄腕バーディー』どうなるんじゃ! と思っていたら、ビッグコミックスピリッツに移籍だそうで。とりあえずは一安心……していいんだろうな。前回の事もあるからな。連載してても油断はしないよ、あたしゃ。
 
 ほかにも、『クロサギ』,『イキガミ』,『とめはねっ』,『土竜の唄』,『逃亡弁護士 成田誠』,『LOST MAN』,『おやすみプンプン』,『RAINBOW』がスピに移籍……って、『とめはねっ』までしか読んでないけど。ヤンサン連載、全部読んでるわけでもないので。
 これまた読んでないけど、『Dr.コトー』がビッグコミックオリジナルに移籍、というのは、とてもカラーが合ってる気がする。あそこも読んでるのは『玄米せんせいの弁当箱』と『蔵人』と『あんどーなつ』と『うごかし屋』ぐらい……って、見事に飯ものばっかりじゃん、『うごかし屋』以外。あ、『弁護士のくず』も読んでたわ。
  
 休刊のニュースが出て、「これだけは残しとけ!」と思ったのは『バーディー』と『とめはねっ』なので、この二つが残るのは嬉しい。特に『とめはねっ』は、まだまだ導入という感じだし。犬! 犬をもっと出して下さい。そして大江くんのラブコメに幸あれ!
 
 あとは『さくらんぼシンドローム』と『都立水商』に  が付いたら、もう思い残す事はないなー。
 
 
 しかし、こんなに大量に移籍したら、もうはやヤンサンとスピの合併に近いのでは。つか、スピの現連載陣はどうなる? とりあえず『MOON-昴』と『電波の城』さえ無事なら、私は構いません。『地平線でダンス』は来週終わるからさー。
スポンサーサイト
[ 2008/07/30 21:07 ] 日々 | TB(-) | CM(0)

黄色いあんちくしょう

 本日も病気自慢日記。その手のネタが嫌いな人は飛ばして下さい。
 
 
 先日の断薬(というほどオオゲサではないかもしれない)から一週間。耳が詰まったり開通したり、耳鳴りが有ったり無かったりを繰り返しつつ、またしても左耳詰まり&一部低音聞こえてなさげ、右耳もちょっと感応悪し、になってきたので、土曜日に耳鼻科へ。

「症状が安定しない、という事は、治ってないということですよ」
と穏やかに諭される。代謝薬で完治しなかったから、ついにステロイド療法ですか_no と凹んだところ、とりあえず現状の“眠れ無さ”をなんとかしよう、という話になる。
 
 処方されたのはツムラの抑肝散サフラン
 
 抑肝散は「子供によく処方される」と書かれてるところが多くて、「……疳の虫?」と凹みましたが(あとはヒステリーとか……すひてりい……凹)、効能に
 
 筋肉の強張りを緩め、イライラ感や不眠症状を和らげる
 
とあるので納得。たしかに、まだ首と肩は凝ってるし、いまだに円鍼生活からは抜けられない。首にも肩にもペタペタ貼りまくりですよ、円鍼。背に腹は替えられないと分かっちゃいるけど、みっともないなぁ、と凹むことも確か。それなりに効いてるからありがたくはありますが。
 
 驚いたのはサフラン。おもわず薬剤師さんに確認してしまったけど、紛う方無きあのサフランですよ。パエリヤを黄色くするのに使うやつ。
 帰ってから検索してみたら、最近(?)注目の“クスリ”なんですね。アルツハイマーにも効くそうですよ。( ・∀・)つ〃∩ ヘェーヘェーヘェー
 
 抑肝散もサフランも、イライラ・不眠・冷え・更年期障害(こーねんき……)に効くらしいんですが、結局私の病気は「代謝が悪い」という事に尽きるのかな? しかし、運動したくても「まずは身体の疲れを取りましょう。話はそれからだ」という事らしい……いや、そんな疲れてないですよ、仕事ヒマだし。むしろ、仕事がヒマ過ぎて悪いのか? しかし、ちょっと忙しくなると頭がフラフラするし……もうどうして良いか分からんわー。
 
 とりあえず「休め」という事なんでしょうが、なにをどこまでどう休めばいいのやら。単に怠けてるとしか思えないんだけどなー、我ながら。
[ 2008/07/28 20:58 ] 日々 | TB(-) | CM(2)

つうしんぼ

 この歳で通信簿を貰えるとは思わなかった。というわけで、ブログ通信簿@ goo ラボをやってみた。

 ブログ通信簿


 orz たしかに「ココロはおっさん」だと思っていたが、ここまでとは! 
[ 2008/07/25 21:13 ] 日々 | TB(-) | CM(0)

ここ最近の話

1)また病院
 例の、「副鼻腔炎とも言えない副鼻腔炎」が再発したらしく、後鼻漏が発生。一応、耳鼻科で「蓄膿じゃないですよ」とは言われているものの、こう短期間に再発すると、「あたい、ほんとは蓄膿症じゃないのかしら?」と思ってしまう。でも、普段から鼻が詰まってるわけじゃないしなー。
 さらに、耳の聞こえもおかしい。なんか、詰まってる感じ&エアコンの室外機の音を大きくしたような耳鳴り。
 どちらも一旦持ち直したものの、週末に両耳が詰まり感と耳鳴り再び、という事態になったので、また耳鼻科に行く。
 これが7月頭の話。
 聴力検査の結果、「右は耳管狭窄症だが、左は突発性難聴」と言われる。低音部が全く聞こえてない状態、とのこと。
 
 リアル失意体前屈。
 
 耳管狭窄症は鼻炎のせいと思われるが、突発性難聴は原因不明。またか。また原因不明か。
「最近、ストレスを感じることがありましたか?」と聞かれたけれども、心当たりは有るような無いような。
 そういえば、耳がおかしくなる前の一週間、再び不眠症状(中途覚醒と早朝覚醒)があったけど、クスリ飲んだら、全然効かない上に日中すごく眠い、という事になってしまったので、結局飲むのを止めたらやっぱり眠れねぇ!という状態だった。私的には、良くある話だけど。
 
 代謝薬と鼻炎のクスリを処方され、「これが効かなかったら強い薬(ステロイド剤)を処方します」と言われて帰宅。安静にしろ、という事なので、寝る。昼寝は出来るんだよなー。夜中に目が覚めるくせに。
 夜、ちょっとだけネット(これもいけないんだ、本当は)。
 一ヶ月入院が必要とか、聞こえは良くなっても耳鳴りは残るとか、色々な情報に凹む。代謝薬が効きますように~とお祈りしつつ、薬飲んで寝て、夜中に起きる。耳鳴りがうるさくて。
 金属製のセミが頭の上でずーっと鳴いてるような。ずいぶん一息が長いセミだなぁ、と思ったら耳鳴りだった。意外とノンキ?
 
 投薬4日目、再び耳鼻科で聴力検査。
「劇的に改善してますね」という事で、左右の聞こえとも回復。良かった~。
 耳鳴りは、そのうちに治まるでしょうという事で、一週間分の薬を処方される。飲みきって、状態が治まれば終了。それが本日。なんとか再発しませんように。
 耳鳴りは、
 金属製のセミ
  ↓
 太鼓の達人(ドンドンという低い音が散発的に鼓膜の奥でする)
  ↓ 
 よくある耳鳴り(消散型)が20~30分置きに鳴る ←いまココ
  
 ちょっとずつ治まってきてるかな?
  
  
2)カラスの目覚まし
 いつしか中途&早朝覚醒のコンボが当たり前になってきたので、発想の転換をしてみる。すなわち、
 
「私は夜中に起きるので、睡眠は2部制」。
 
 幸い、入眠は正常。そして、中途覚醒するまでの3~4時間は確実に寝てる。人によっては「睡眠は3時間で充分」という意見もいるし、全く眠れないよりはマシ。
 で。早めに寝る事にした。22時就寝。3~4時間後は01~02時。
 さすがに04時に起きてた時と気分が違う。たとえ二度寝したとしても、次の3時間で目が覚めるな、と思えば、寝過ごす心配も無い。ある意味、便利。
 そう思ったら、ちょっとずつ睡眠時間が延びてきた。朝までぐっすり、というのは無くても、5時間連続とか。おお、眠れてるぜ、と。
 そういや、突発性難聴になる前は、1時間おき,2時間おきに目が覚めて、寝てるんだか起きてるんだか分からない状態だったなぁ、と思えば、まだ眠れてる分、いまの状態はマシかも。
 
 と、喜んでいたら。
 
 ここ数日、夜明け前にカラスが来襲。うちの屋根、隣の屋根、裏の屋根。あっちこっちで
 
 ア、ア、ア
 
 頼んでないのに、目覚まし時計の代わりをしてくれる。てか、現状、目覚まし要らないし!
 
 カラスの声って大きいんですよ。んで、力一杯鳴くんですよ。おまけに「カァカァ」じゃないんですよ。
 
 ア、ア、ア
 
 スタッカートで鳴く。それが小一時間。こんなところで発声練習か。時と場所ぐらい選べ。せめて、あと2時間遅く来い。
 という主張が野生に通じるわけもなく。
 今朝も早よから
 
 ア、ア、ア
 
 に付き合わされました。カンベンして。
 
 
 
 結局、「ここ最近」は、患ってる話ぐらいしかございませんでした。もう病気自慢日記だな、これは。
[ 2008/07/16 21:08 ] 日々 | TB(-) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。