ドラマとか映画とかの続報

 映画「魍魎の匣」ですが。桔平さんは関口くん役だったのね。永瀬さんがハマリ役だったので、体調不良による降板は残念です。しかし、ガタイのいい人たちばっかりになるのだな、チーム京極堂は。幽霊っぽい人も猿っぽい人もいなくなるのか。
 じゃあ、久保は誰よ、と思ったら、クドカンですと。いやー、ビックリ。個人的にはミッチーが良(いつまで言っとる)。いや、クドカンならむしろ雨宮なんかどうよ、と思ったので。
 あれ? 美馬坂教授は誰がやるんだろう。そんで、増岡弁護士は出るのか? 
 
 
  NHKでドラマ化される「Good Job~グッジョブ」ですが。主役の上ちゃん役が松下奈緒さんだそうで。ふーん………………。
 正直、松下さんは二番手三番手イメージなので、上ちゃんの女番長的というかオカン的な部分を表現しきれるのかな、と。どっちかというと、上ちゃんに指示される側っぽいので。実年齢的にも“新入社員”ポジションですよね。もうちょっと年齢が上の人がよかったな。
 黒木と南と二岡ちゃんは誰がやるのかな。この三人のキャスティングによっては見るかも。
 
 
 たぶんウチの地方では放送されないドラマ「百鬼夜行抄」。青嵐がいっけいさんというだけでメチャクチャ見たい。しかし八重子ばあちゃんが市毛良枝さんて……市毛さんがおばあちゃん役?……いや、それより絹さん(律のお母さん)が いしのようこちゃんっていうのも。ようこちゃんって、高校生の息子がいるような役をやる歳になったの? 保護者が二人とも若くない?
 司ちゃんが酒井彩名嬢というのは、単純に不満。香椎由宇ちゃんか栗山千明嬢を希望。って、二人とも単価が高いからダメか。
 もう一つ言うなら、おばあちゃん役は草笛光子さんで、絹さんは高樹沙耶さん(それは昨日「相棒」を見たからだね)で、さらに律は福士誠治くんがいいな。高校生はムリでも、大学生編はいけると思う>福士くん
 まぁ、もう言うても詮無いことですが。
[ 2007/01/25 09:56 ] 日々 | TB(-) | CM(0)

久々にキレる。

 久しぶりに、ぶっつりキレました@会社。

 週末、うちの部の男どもは、たまに酒盛りをします。その時、主に喫煙コーナーを利用するんですが、たいがいは酔った勢いでめちゃくちゃにして帰り、そのたびに私が怒ってました。
 で、先週末もやったらしい。
 出勤すると、私はまず台所に行きます。ポットのお湯を沸かしたり、コーヒーメーカーのセットをするためです。そこに、飲んだあとのコップらしきものが多数、洗って伏せてあった。ようやく洗って帰るようになったな、これは誉めてやらねば、と思ってました。
 ところが、タバコの吸い殻を片づけるため喫煙室に行くと、ビールの空缶と飲食ゴミをビニール袋に混ぜて捨ててたり(空缶用ボックスは近くに備え付けてある)、バケツ型灰皿にありえないほどの水+吸い殻+なんかの食べカスが入ってたり、揚げ句に吸い殻片づけ用のビニール袋をまとめてある袋の中に煙草の吸い殻が突っ込んであったのを見て、臨界点突破。怒髪天。
 以前から「飲み会はやっていいけど、ちゃんと片付けろ」と口が酸っぱくなるほど言ってきたのに、こりゃなんだ、と。せっかくコップは洗って帰ってるのに、台無しじゃん。
 月曜の朝っぱら不愉快極まりない。
 ちゅうか、最初は「またかよ。ははは」ぐらいだったのに、片付けてたら段々エキサイトして来て、「ふざけんなーっ!」。
 首謀者が出頭して来たので、頭ごなしに怒鳴りつけましたよ。課長だったがな。年下だからさ(ヤなババァ)。
 普段は黙々と片付けるんですけどね。なんかね、ダメだったの。
[ 2007/01/15 10:10 ] 日々 | TB(-) | CM(0)

ああ、そうですか……

『魍魎の匣』も映画化するんですね……。
桔平さんは誰の役なんだろう。久保?

 そういえば、かたおかみさおさんの『GoodJob ~グッジョブ~』もNHKでドラマ化だそうで。
 あれは漫画だから、ギリギリ説教臭くないと思うのだけど。上手いことドラマ化しないとウザいだけで終わりそうなかんじ。
 あ、『ロッカーのハナコさん』っぽくするのかな。あれも原作と全然違ったドラマだったなぁ。ハナコさんがともさかさんというのが。いや、ともさかさんは悪くないのだが。でも、ハナコさんはもっと大人でなくては。
『GoodJob ~グッジョブ~』、漫画は今号のKISSで最終回でしたが、良いところで終わったのではないかと。しかし私は黒木くんと上ちゃんより、南さんの恋の行方が気になります。末永くお幸せに。

 で、『ヒミツの花園』。感動しながら、失礼ぶちかましなガッサン萌え。的確な描写だ。しかし、堺さんを表現するのに最高の一言は

 喜怒哀楽をすべて笑顔で表現する男 @噂の男

でしょう。あれに勝るもの無し。

 まぁ、第一回ならこんなもんかなぁ。上三人がベクトル違えど性格が悪そうで良い。
[ 2007/01/09 10:51 ] 日々 | TB(-) | CM(0)

みんな昔はリーだった

【今年の目標】見た芝居の感想は、その日のうちに。

公式サイト:みんな昔はリーだった
作・演出・出演:後藤ひろひと
出演:堀内健,池田成志,京野ことみ,伊藤正之,竹下宏太郎,瀬川亮,熊井幸平,板尾創路
[あらすじ]
そんなにも昔でもない昔、

龍が出てくる時代、男のかっこよさは男が決めていた時代のことを。

ブルース・リーになりたかった男
ブルース・リーになれなかった男
ブルース・リーに憧れた男
ブルース・リーを知らない男

1970年代、ブルース・リーを通して男の生き方の美学を学んでいる4人の中学生がいる。
彼らは生活の全てをブルース・リーで染め上げ、懸命にブルース・リーになろうとしていた。
何故ならそこには孤高に自分の信念を貫き生きる一人の男の生き様の美学が凝縮されているから。

大人になりかけの頃の憧れの人、ブルース・リーを通してかっこいい男の生き方を模索していく中学生たち。
その精神は、20数年たって自分たちがとっくにブルース・リーの年代を過ぎその頃のことは
忘れたように見えていても心の奥深くに根をおろしていて、いつか羽ばたこうとしているのだった…
 以上、あらすじは公式サイトより抜粋。
 
 ネタバレ含む感想は以下。
 
 

Read More

[ 2007/01/07 10:01 ] 観劇・映画 | TB(-) | CM(0)

謹賀新年

 昨年は(中々更新されない)当サイトにお運び頂きありがとうございました。今年も多分こんな感じです(すみません……)

 オフラインからオンラインに移行しようと思いつつも、なぜか細々とコピー本など出してイベント参加を続けております。
 まぁ、うちは腰の重いサイトというか、ハマってからネタにして、それを書き起こすまでのスパンが異常に長いサイトなので、周回遅れどころか懐メロ系という感じですが、これも多分ずーっとこのままでしょう。昭和生まれだから(意味不明)。

 こんなサイトで良かったら、これからもゆっくりおつきあい下さい。

[ 2007/01/01 07:42 ] 日々 | TB(-) | CM(0)