FC2ブログ
【ドラマ】西遊記(4巻目)
 激辛の砂の国の話だったから、感想も辛口で。
 
 もう凛凛とお師匠さんが出てればいいや。そこで和ませてもらいます。あとはいいです。
 いや、良くない。老子も要る。老子が両手に花で“るんたった”してたら、もうそれでいい。
 
 
 一つ一つは悪くないのに、すべての“チカラ”が結集するとなぜ中途半端になるのか。それが分からない。 
 凛凛はなぜ悟浄と金魚の過去についてあれほど詳しく知ってるのか(やっぱ天上人?)、お水さまは砂漠の街に君臨するだけなのに、なんで金魚を使ってまで大がかりな事しなきゃいけなかったのか。
 お師匠さんぐらいは最後の最後まで沙悟浄を信じて欲しかったし、いくら妖怪だからって首つり状態のまんまで台押し倒すとは。おまけに倒れるまでに時間が掛かりすぎ。綱を食いちぎった方がまだ迫力があったよ。いや、岩傑と村人がチカラを合わせたら一瞬で倒れた、とかでも良かった。
 悟空だけがすごい勢いで飛び出して行ったのに、次のシーンでは4人揃ってシャンシャンシャンと登場って、いったいどこで合流したのか。そもそも残り3人はどうやって素早く移動したのか。
 ようやっと町と金魚をヒドイ目にあわせた黒幕がコテンパンにやられる! というところで老子が出てきて立ち回りナシって展開も(もしかしたらギャグでやってるのかもしれないけど)、単純なカタルシスが得られない分、すごく肩透かし。
 先週の獏念和尚に比べると悪役側が薄っぺらいし、金魚の身の上以降の展開は、予定調和から1mmたりともはみ出ることまかりならん!ってぐらいの勢いでレールの上に乗っかってた。
 子供向けと言ったって、最近のまっとうな子供向け番組の方が、よっぽど善悪が複雑に絡み合ってると思うんだけど。
 
 せっかく先週のお話が良かっただけに、今回はガッカリ。
 良かったといえば、凛凛が諸肌脱いだシーンと老子がスルリと牢屋に入ってきて鼻ホジしたシーンぐらいかなー。
スポンサーサイト
【2006/01/31 09:57】 | TV・ドラマ | トラックバック(0) | コメント(0)
【ドラマ】功名が辻(4回目)
 歴史は千代(仲間由紀恵)を中心に回ってるのか。すごいなー、千代(棒読み)。
 
 いや、どうなの、それ。どーなのよ、それ。
 難攻不落の稲葉山城って、「千代や恋しやほーやれほー」の一豊さまがウラから駆けつければ落とせちゃう城なんだ。故マムシの道三の居城は、裏道分かって、かつ敵武将の首より恋女房欲しさのおバカさんが炎の中突き進めば落ちちゃう城なんだ。へーほーふーん。
 ポイントは“恋”なのか。そりゃー、信長さまじゃ落とせなかったなー。恋してないもんなー(棒読み)。
 おまけに、炎の中で生きるの死ぬのという大事な場面で、「こいつら、好きおうておるのじゃ!」「なんじゃと!?」「お父さん、お嬢さんをぼくに下さい!」「私、この人のお嫁さんになるっ!」「まぁ、千代ったらいつの間に」
 ゆーちょーなー戦だなー。ははははは。
 
 
 しかも、いきなり半兵衛に死亡フラグが立ってるし。薄幸の乙女のようだ、竹中半兵衛(筒井道隆)。好いたおなごのためなら城も落とすし、信長も脅すと。そんで労咳だと。泣くな、それは。いろんな意味で。
 泣かすと言えば、六平太(香川照之)。どこにいても千代を見守り、千代を思い。時にその姿は明子ねえちゃんのようでもあり、たんなるストーカーのようでもあり。
 婚礼の夜、ぼんやりと夜空を眺めている様などは、「なに妄想してるんだ、おまいは」とお市さまあたりにつっこんで頂きたかったですよ。要ハリセン。もちろん、お二方には一面識も接点もございませんけれども。でも、なんでもアリ大河だからいいよね?(よくない)
 
 断っておきますが、ちゃんと楽しく見てますよ。見てるんですが、どうしても皮肉っぽくつっこみたくなる箇所が45分に1~2回(控えめ)出てくるんですよ。
 いや、いいんだよ。今年の大河は総天然系ラブコメ大河なんだから。そう思って見れば、けして間違ってません、はい。
 
 で、千代が一豊さまの元に嫁入りすると、来週からホームコメディ大河ドラマになる、と。これから上司の妹(お市さま)とか上司の妻(寧々)とかと井戸端会議しちゃったり、残業多いわりに石高少ないわーとか、そういう話をするようになるんでしょう。総天然系庶民派ラブコメ大河ドラマ。
【2006/01/30 11:41】 | TV・ドラマ | コメント(0)
【ドラマ】喰いタン(3回目)
 もしかしたら、高野がなにか食べてるだけで癒やされてるのかもしれない、と思った週末。
 
 
 途中まで、ただ食べるだけでほとんど役に立ってなかった高野に萌え。別に東山さんのファンじゃないのに、どうしてこう高野には萌えるのか。きょとんとした顔して黙々とおでん食べてる姿が可愛いからですか。可愛いって。男性に可愛いという感想はどうか。金田一くんに対してならともかく。いや、金田一くんも可愛かったが。
 
 しかし、シオドメロンパンには一言いいたい。
 メロンパンにメロン果汁が入ってるのは邪道
 ……高野は邪道とか王道とか関係なく、おいしく頂いてしまうのでしょうが、私はダメだ。許せん。メロンパンはメロンを模したカタチをしているからメロンパンなのであって、味までメロン味であってはいかんのだ。ちっちゃいこだわり。
 
 今回、ナゾとかトリックとか動機とか犯人捜しとかより、コショウの中にそば粉の混じったものがあるというのが驚きのトリビアでしたね。でも、なんのためにそば粉入れてるんだろう。そこらへんの解説が無かった(多分)ので、ちょっとぐぐってみましたら増量材として混入している、との記事を見つけました(ほか、大豆粉や小麦粉を入れている場合もあるとか)。水増し用!? なんじゃ、そら。
 じゃあ、そばアレルギーの人はそば本体だけじゃなく、コショウにも気を付けなきゃいけない、ということですか。たいへんだ。そばアレルギーは死に至るほどの重篤なアレルギー症状を引き起こすというのに。って、高野も言ってましたね。
 
 ほのぼのとした下心(?)ありありで、事件解決しようとがんばってたのに、“可愛い後輩”の職場恋愛状態を目撃して凹む涼介(森田剛)が面白かった。いや、きみ、京子ちゃん(市川実日子)は?
【2006/01/29 10:39】 | TV・ドラマ | トラックバック(0) | コメント(0)
来るべき時が来た
 いつか来ると思ったが、ついに来ましたよ。
 
 風邪引きました。
 
 
 会社に着いて手洗い・うがい、会社から帰って手洗い・うがい。やってたって引く時は引くんですよ、ええ。
 でもって仕事が繁忙期に入りかかってて休むに休めませんから、喉に痛みを感じた時点で病院に行きました。
 まだ鼻水も出てないし、せきもたんも絡んでないし、もしかしたら熱も無いかも? でも、悪寒が波のように押し寄せたり、具合が良かったり悪かったり、なにより喉の痛みがどんどんひどくなる。本来なら、このぐらいだと市販薬で平日を乗り切って土曜日に病院へ、と思うんですが、今回はとにかく病院に直行。
 
 熱は7度2分、扁桃腺は腫れてないけど喉は炎症を起こしている、ということで、炎症止めと総合感冒薬をもらいました。
 で、
 
「薬を飲んでいても、熱が38度を超えたらインフルエンザの可能性がありますから、また病院に来てください」
 
 インフルエンザとか、考えもしませんでしたよ。そうか、この時期はソレか。
 
 ちうか、風邪は引いてもインフルエンザにはかかったことがないのです。別に予防接種は受けていませんが。だから、うがいと手洗いでインフルエンザは乗り切れるもんだと思ってました。
 まぁ、風邪は乗り切れてなかったわけですが。
 
 幸い、早めに病院行ったのが良かったのか、薬が効いたおかげで今週は会社を休まずに乗り切れました。仕事も急ぎの物件は済ませたし。
 あとは弱った身体がインフルエンザをもらわないように、自重しつつ年度末を乗り切る算段をせねば。
【2006/01/28 10:42】 | やまいだれ | トラックバック(0) | コメント(0)
【ドラマ】神はサイコロを振らない(2日目)
 ラブコメは好きだけど、この作品に限っては要らない……と思うのは、原作既読だからか。
 大筋がデンとあって、その周辺でラブコメがあるのが理想なんだけど、このドラマの場合は「30女が10年間で失ったもの、失わなかったもの」がメインっぽいので、どうしてもラブコメが大きい扱いになってる。ような気がする。
 そりゃあ、消失猶予が9日間もあればジャレる時間もあるだろうけどさ。原作は「3日間しかないのに、どうしてこう次から次へと」ってなカンジだったので、全体がまったりしてるように見える。
 
 天才ピアニストは可哀相だったなぁ。原作だと平凡な才能のチェリストですが、この人は成人してて、かつ母親にもかなり反抗的だった。自分の居ない10年間に母親が凡庸な自分を悲劇のチェリストに仕立て上げて荒稼ぎしてるのに対しても冷ややかだった。帰ってきた瞬間に「母親に会いたくないからホテルから出て友達の家に行きます」ときっぱり言うぐらいだし、航空会社窓口の黛(男)がきちんとバックアップして、母親に対してだけ連絡先を秘匿したりするのも痛快だった。
 でもドラマの瑠璃ちゃんはまだ幼いから、「復活コンサートをやるわよ、宣伝するわよ、曲を選んで練習しなさい、CDも新たに録音して売るわよ」と言われたら(原作のステージママはこんなカンジ)、言われるままに従ってしまいそうだ。残された8日間で、この二人の親離れ子離れは出来るのだろうか(といいつつ、母親は子を道具だとしか見てないので、子離れもなにも)。
 
 ※以下は、書いている内になんだか辛口になっちゃったので隠してます。
...続きを読む
【2006/01/26 10:35】 | TV・ドラマ | トラックバック(0) | コメント(0)
【ドラマ】アンフェア(第3回)
 ラスト10分ぐらい寝た(笑)。気が付いたらエンディングが流れてました。おお、「東京タワーから半径3km」とか「拳銃携帯許可を」とか見損ねてる。
 
 気のあるそぶりはチラチラみせてた気がするんだけど、瀬崎が積極的にチッス(死語)してくカタチだったのが意外でした。むー、小説ヲタクのボクネンジンじゃなかったのね。「コーヒーでもどう?」がお誘いの台詞だって分かる程度には慣れてるのか。つまらん。←おいっ
 ワタクシ的には雪平姐さんからかぶりついて頂きたかったのですが。まぁ、篠原さんのイメージというのもありましょうし……でも、西島君的に食われてほしかったのさ。それはもうガッツリと。
 
 今回は多江たんに癒やされました。いいなぁ、あんなお母さん。
 でも、予告で限りなく怪しいことをおっしゃってましたな。ついに黒多江が本性を現しますか? ワクワク。でも、みよちゃんが悲しい目に遭うのはイヤなので、雪平母さんもがんばれ。
 
 しかし、怪しい人がてんこ盛り過ぎると却って、一番怪しそうな人は本件(推理小説殺人事件)には関係ないな、と思ってしまいますね。ということは、Wくるめ(久留米先生=井上順と有坂来瞳)と秘書は犯人じゃないな。
 じつは久留米先生のポジションが今ひとつわからない。売れっ子だけど作品が書けない作家って。じゃ、売れっ子になるまでどうやって書いてたんだろう。もしかして、うつらうつらしてる間にそこらへんの謎解きが?
【2006/01/25 10:01】 | TV・ドラマ | トラックバック(0) | コメント(0)
【ドラマ】西遊記(3巻目)
 やっぱりドラマは3回まで付き合ってみないと分かりませんね。1話,2話はなんだったのかと思うぐらい話のテンポも良かったし、より鎌作演出っぽかった。
 
 で、3話目。ライティング、良かったですよね?(いきなりソコから入るか) 今までと違って、室内の薄暗さと外のまぶしいほどの明るさに対比があった。妙なのっぺり感も消えてるし。
 そして、今回は「さすがに凝ったセットだ」と思った。前回の温泉宿のイケてなさはなんだったのか。てか、2話目までのイケてなさを払拭するデキの良さだったですよ>3話
 
 今回のビックリドッキリはお師匠さんが語る猪八戒の経歴でしょうか。なんなの、その「みにくいあひるの子」状態。
「彼はイノシシの一族に生まれた、たった一匹の豚なのです」
 あれ~? 猪八戒って天帝に仕えてませんでしたっけ? で、素行不良で豚の妖怪にされた挙げ句、天界から追放されたんじゃ……はっ! 子豚なら、まだ働けないじゃん! てか、そもそも豚“妖怪”は天界で働けないじゃん!
 やはりキャラ設定はオリジナルなんでしょうか。悟浄の経歴も違うっぽいし。
 
 お坊さん(円仙)役で近江谷さんが出ててニヤリ。そして獏念和尚(石井愃一さん)の格好がヨー・タイインに見えて仕方がない……って、このたとえで分かって貰えるのだろうか。ネットに画像が転がってないのでいかんとも。
 
 獏念和尚、言ってることは理解できるんですよね。ツライ現実よりも楽しい夢を、っていうのも一種の癒やしだと思う。ただ、現実に帰るからこそ夢は楽しくあって欲しいし、楽しい夢であるためには獏には悪夢を食ってほしい。
 なんだか最後に潔さを垣間見せてくれただけに、「獏念和尚って、そんなに悪い妖怪じゃないよね」と微妙に同情。なんだか『ピローマン』を思い出しました。
 
 凛凛は公式サイトで「謎の少女」的紹介のされ方をしていたので、てっきり老子の手先(一行の監視役)かと思ったら、初対面だということが明らかに。
 で、ふと思ったのだけど、まさか南無観世音菩薩の化身、とか言わないよね>凛凛 それはそれで萌えるけれども。
 しかし、妖怪捕まえに来るのに部下一人だけって、また老子も身軽に来るなぁ。キャラも軽いけど。そして、やっと老子のキャラも生かされる第3話になったわけだけど。
 
 ほんと、1話,2話のデキはなんだったんだろう……。
【2006/01/24 09:45】 | TV・ドラマ | コメント(0)
落選
 ……いや、自分のことじゃないんですが、けっこう凹みました。
 年々評価が高まってるし、特に去年の新作は2本とも良かったしで、確実に取れる! と思ってたんだけど。
 賞が貰えたからどうとか、そういう事じゃないかもしれないけどね。ちょっとね。うん……ホントなんで私が凹むのやら。
 
 
 
 第50回岸田國士戯曲賞発表
【2006/01/24 09:42】 | 観劇・映画 | コメント(0)
【ドラマ】功名が辻(3回目)
 制作者側の意図しない部分で「おもしれ~」と思ってるわけですが、回を重ねる毎に慣れてきましたよ。もうかなり色々な部分が平気。
 
 今回のツッコミどこは、深夜の川っぺりで物思いにふける一豊さまが、いきなりジャブジャブ大きな音たてて川中まですすみ、気の向くままに槍をぐるんぐるん振り回したあげく、「千代――っ!」と雄叫ばれた時でしょうか。いや、だから美濃の兵も対岸にいるんじゃないのか、一応。そして砦には味方がいるんじゃないのか。ビックリするがな、両方とも。
 
 千代も千代だし。生死不明の幼なじみが甲賀の忍びとして現れたら、いきなり「一豊さまが無事かどうか見てきて」(簡略)だもん。千代ったら(笑)。もそっと六平太のことも考えておやりなさい。
 そんで六平太もまた惚れた弱みで「いいよ」って言っちゃうし。つか、その前の「(天下がどうなろうと甲賀の忍びであろうと)俺は千代の味方だ」って、かなり熱い愛の告白だと思うんですけど? そこはまるっと無視か、千代。
 
 竹中半兵衛のナイス肩透かしも面白かった。彼はあれですか。天然ですか。ようやく寝返ってくれそうだと、文をもらってウキウキと秀吉(と一豊)が出かけたら、本当に用があるのはお付きの一豊の方だけど、一豊だけ誘ったって来るわけないから、馬が欲しけりゃ将を呼べ戦法で、秀吉の方に文を出したと。そういう事ですか。しかもおなごの文一つで動くくせに、秀吉が日参(まではしてないかもしれんが)しても寝返る気はさらさら無いって。いいなぁ、半兵衛。筒井道隆くんが演じているから、天然なのか策士なのかも分からない。でも多分かなり天然。
 
 ああ、そうか。今期は総天然大河ドラマなのか。そうかそうか。そんでラブコメか。そりゃ楽しいわ。
【2006/01/23 10:47】 | TV・ドラマ | トラックバック(0) | コメント(0)
【ドラマ】喰いタン(2回目)
 高野でなごむ週末。
 
 ちゃんと「いただきます」&「ごちそうさま」があって、食べる姿が見苦しくない大食いが出てくるドラマって、あったような無かったような。『フードファイト』はそもそも勝負事だったから「いただきます」は無かったもんね(多分)。
 
 子供心の寂しさをお弁当を捨てることで表現していた金田一くんですが、二度にわたる“お弁当→ゴミ箱直行”を見た高野が、その寂しさを理解しつつもちゃんと「食べ物を粗末にするな!」と叱ったのが良かった。しかも、平手ではたくのかと思ってたら思いっきりゲンコツだったので、意表を突かれました。そのあと、ちゃんとフォローしてるのも○。そうだ、叱るというのはそういうことだよね。いけないことをいけないと言い、そのあときちんとフォローする。
「ご飯食べたら友達でしょう?」っていう京子(市川実日子)の台詞も良くて、ちょっとホロっときちゃいました。歳喰うと涙腺が弱くていかん。
 
 あそこも良かった、ここも良かったと書いてたらキリがないんですが、高野がネコと一緒にネコ缶(かな?フレークっぽかった気。)食べてたり、殺人誘拐密輸犯(包丁)相手に箸で戦うシーン(けっきょく鍋が勝つ……見てない人にはなんのことやら)は非常に良かった。もうずっとこの路線でいって下さい。
【2006/01/22 11:23】 | TV・ドラマ | コメント(0)
わがまま きまま


カレンダー

12 | 2006/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

ブログ内検索

過去ログ +

2019年 01月 【3件】
2018年 07月 【1件】
2018年 06月 【3件】
2018年 01月 【2件】
2017年 12月 【3件】
2017年 11月 【1件】
2017年 09月 【1件】
2017年 06月 【3件】
2017年 04月 【3件】
2017年 01月 【2件】
2016年 12月 【1件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【1件】
2016年 07月 【3件】
2016年 06月 【2件】
2016年 05月 【3件】
2016年 04月 【3件】
2016年 02月 【3件】
2016年 01月 【3件】
2015年 12月 【3件】
2015年 11月 【1件】
2015年 10月 【1件】
2015年 09月 【6件】
2015年 08月 【5件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【2件】
2015年 05月 【1件】
2015年 04月 【4件】
2015年 03月 【1件】
2015年 01月 【6件】
2014年 12月 【1件】
2014年 11月 【2件】
2014年 10月 【3件】
2014年 09月 【1件】
2014年 08月 【1件】
2014年 07月 【2件】
2014年 06月 【2件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【2件】
2014年 02月 【5件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【3件】
2013年 09月 【3件】
2013年 08月 【1件】
2013年 06月 【1件】
2013年 05月 【1件】
2013年 04月 【1件】
2013年 02月 【1件】
2013年 01月 【1件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【1件】
2012年 08月 【2件】
2012年 06月 【1件】
2012年 05月 【3件】
2012年 04月 【1件】
2012年 01月 【1件】
2011年 12月 【2件】
2011年 11月 【4件】
2011年 08月 【3件】
2011年 07月 【1件】
2011年 06月 【2件】
2011年 05月 【7件】
2011年 04月 【1件】
2011年 03月 【4件】
2011年 02月 【5件】
2011年 01月 【1件】
2010年 12月 【9件】
2010年 11月 【3件】
2010年 10月 【2件】
2010年 09月 【2件】
2010年 08月 【2件】
2010年 07月 【1件】
2010年 06月 【1件】
2010年 04月 【1件】
2010年 03月 【2件】
2010年 01月 【3件】
2009年 12月 【5件】
2009年 11月 【4件】
2009年 10月 【4件】
2009年 09月 【2件】
2009年 08月 【4件】
2009年 07月 【7件】
2009年 06月 【6件】
2009年 05月 【7件】
2009年 04月 【1件】
2009年 03月 【5件】
2009年 02月 【5件】
2009年 01月 【9件】
2008年 12月 【6件】
2008年 11月 【2件】
2008年 10月 【1件】
2008年 09月 【2件】
2008年 08月 【1件】
2008年 07月 【4件】
2008年 06月 【3件】
2008年 05月 【4件】
2008年 03月 【1件】
2008年 02月 【9件】
2008年 01月 【6件】
2007年 12月 【6件】
2007年 11月 【2件】
2007年 10月 【1件】
2007年 09月 【6件】
2007年 08月 【6件】
2007年 07月 【1件】
2007年 06月 【4件】
2007年 02月 【3件】
2007年 01月 【5件】
2006年 12月 【5件】
2006年 11月 【7件】
2006年 10月 【1件】
2006年 09月 【1件】
2006年 08月 【1件】
2006年 07月 【11件】
2006年 05月 【2件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【12件】
2006年 01月 【23件】
2005年 12月 【1件】
2005年 10月 【3件】
2005年 09月 【6件】
2005年 08月 【8件】
2005年 07月 【10件】
2005年 06月 【5件】
2005年 05月 【5件】
2005年 04月 【4件】
2005年 03月 【2件】
2005年 02月 【7件】

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

QRコード

QRコード

プロフィール

すの(仮)

Author:すの(仮)