FC2ブログ
『シン・ゴジラ』はいいぞ
「togetterまとめ」を彷徨うほどに。

 ◎ #細かすぎて伝わらないシン・ゴジラの好きなところ選手権 #シン・ゴジラ【ネタバレ注意】
 ◎ 【人間ドラマは】#巨災対の日常 まとめ【ここにある?】
 ◎ 【シン・ゴジラ】尾頭ヒロミいいよねという画像まとめ【ネタバレあり】

 下記タグは取扱注意。耐性無き者は即バック推奨。
 #内閣腐 - Twitter検索

 なお、私を『シン・ゴジラ』に導いたまとめはこちら。
 [2敗でも]島本和彦氏、敗北宣言[1敗だ] #シンゴジラ [特報追加]
 島本先生の的確な「ネタバレしない感想」のお陰で、良い映画を見ることができました。ありがたや。
スポンサーサイト
【2016/08/14 11:00】 | 観劇・映画 | コメント(0)
win-win より lose-loseっぽいよ?
 ゆうべ更新しそこねたネタ↓

 ▼ 「鋼の錬金術師」実写映画化!エド役は山田涼介、2017年冬に公開 - コミックナタリー
ウィンリィ・ロックベル役として本田翼、ロイ・マスタング役としてディーン・フジオカが出演。加えてハクロ将軍役に小日向文世、マース・ヒューズ中佐役に佐藤隆太、リザ・ホークアイ中尉役に蓮佛美沙子、マリア・ロス少尉役に夏菜、グレイシア・ヒューズ役に原田夏希、ショウ・タッカー役に大泉洋、ドクター・マルコー役に國村隼がキャスティングされた。

さらにホムンクルスと呼ばれる人造人間のラスト役は松雪泰子、エンヴィー役は本郷奏多、グラトニー役は内山信二、彼らと共謀するコーネロ教主役は石丸謙二郎が演じる
「ハガレン」はアニメも最初の方しか見て無くて、原作はなぜか最終回だけ読んでるという立場なので、なにも言う権利も資格もありませんが、これだけは言える。

 とりあえず横文字名前の登場人物に日本人キャストは止めようよ。

「進○の○人」実写化でなにも学ばない人々が居るんだなぁとしか。あの絶望感を味わいたい人が柳の下で行列作ってるとは思わないんですけど。
 アニメで終わっておけばいいものを、なんでわざわざ大金をドブに捨てるマネするんだろうか。それとも浄財目的で本当に捨ててるんだろうか(真剣)。

 漫画原作の映画化が相次いでおりますけど、本当に面白く実写化できてるのはドラマの方な気がしますよ。
 いまなら「重版出来!」とか去年の「コウノドリ」とか。おや、どっちもTBSだ。
 もちろん面白くない、原作の良さをちっとも分かってない、キャストありきのドラマ化が大半だけど、原作とかけ離れてもドラマなりに面白くバケたものもありますし。
 
 映画はなー、世界観の説明+物語を90~120分ぐらいで描くのはキビシイし、かといって前後編にするとリスク高いし(前編がよっぽど面白くなきゃ後編は地獄)。
 そういや実写「ちはやふる」は評判いいので見に行きたいんだが、なかなか時間が取れません。いまなら上下句ほぼ1日で見られるのだが。
秘密」はものすごいダメ臭がするんだけど、怖い物見たさで見たい(^_^;)
 
 それより先に「殿、利息でござる」に親を連れていかなければ。
【2016/05/25 22:28】 | 観劇・映画 | コメント(0)
実写キャスト きたわよー
 当たったような当たらなかったような
 以下、敬称有ったり無かったりでお送りします。
 
 
▼ エレンは三浦春馬!ミカサは水原希子!実写版「進撃」の配役明らかに - コミックナタリー
 
 石原さとみのハンジさんキタ――(゚∀゚)――!!
 いいと思います。いいと思いますよ、ええ。水原希子のミカサは当たってほしくなかったが、ほかにミカサになれそうなキャストがいないんだから仕方が無い(キャスティングしないという選択肢は無かったんだろう)。こないだの「信長協奏曲」はちょっとだけ演技がマシになってたから、無口なミカサなら多分大丈夫だと思う。ガン飛ばすだけならなんとかなるよね。アクションは全部CGにおまかせ☆すればいんだし。
 だがフォトギャラリー見る限り、彼女が一番似てるのは女型のky(以下略。

 しかし。しかしだね。 
※シキシマ 長谷川博己(37)

  (;・∀・)誰だよ。いや、長谷川博巳さんは知ってます。じゃなくて
 
※シキシマ
 こっちだ。
 なんすかオリキャラって。だったらもういっそエレンもミカサもアルミンもハンジさんもナシで、全部オリジナルでええやん。前日譚的なアレで。
 
 いや、分かるけれども。誰がやったって兵長は苦情の出るキャラ。だからこそのオリキャラなのは分かる。分かるがしかし、長谷川氏がエルヴィンじゃダメだったんかい。兵長抜き団長のみ(ムリなのは認める)。
 むしろ現在連載中のエルヴィンを長谷川氏で見たいよ。ほいだら心臓を捧げてやってもよい(ナゾの上から目線)。
 
 そんで、サシャは要るのね。芋シーンは入れたいのね。芋シーンのためのサシャなのね。むしろ芋シーンとかハムシーンとか無かったら、なんのためのサシャか!(言い切った)
 そして意外にもジャンの、想像してたんとちゃう!なコレジャナイ感。おかしいな。私の想像の中では、わりとハマってたはず。色々あってハードルが下がっていたのか(当時)。
 で、クリスタもアニもユミルもライナーもベルトルトもいないのねー。
 ………………ふーん。
 
 ようするに、巨人が出てきてコンニチハ、ヒトが食い物のようだ!で「俺たちはようやく乗り越え始めたばかりだからな。この高くそびえ立つ男壁をよ!」的な「俺たちの戦いはこれからだ!(先生方の次回作にご期待下さい!)」ばりの未完、 というストーリーですね? 原作が完結してないから当然かもしれないが。
 
 
 なお、フォトギャラリーから「CASSHERN」の匂いがします……嫌いじゃ無いのよ、CASSHERN。でもあれは唐沢が面白かったからな(制作者の意図したツボと全然違うツボが押された結果のピタゴラスイッチ的おもしろ)。
 ……うん。そういう意味では“おもしろのツボ”は、すでに押されているな。「“悲しみの守護星”フクシ」とか「“嘆きの先導者”ソウダ」とか「“慈愛深き豪傑”サンナギ」とか。
 なんか「水滸伝」思い出した。もっと最適解があるはずなんだけど。
 
 そういえば脚本担当が以前やった「GANZ」もコレジャナイ感ましましでしたわ。部分部分は良いけど全体と大事なトコが違うわ! という。
 
 うーん……ドル箱コンテンツを骨の髄までしゃぶり尽くしたい人々が結集した結果がこちらになります(ドン!)、てな映画にならなきゃいいけど。
 
 てなこと書いたら「見もしないで批判するな」と言われそうだが(広大なネットの海の端っこでブツブツ言ってるイソギンチャクブログに噛みつくほどヒマな方ではありますまいが)、だったらその前に「見たくなるような映画作ってくれ」と言いたいです、はい。
【2014/11/20 22:51】 | 観劇・映画 | コメント(0)
実写版「パトレイバー」の情報公開
パトレイバー新作は押井守監督の完全オリジナル「THE NEXT GENERATION -PATLABOR-」@GIGAZINE

 ……ふーん………………

 うーんと………………まず、主役が懸念された某女優さんじゃなくて良かったわってのと、シバシゲルが班長に出世してて良かったね(でも、おやっさん……っ(/_;))ってのと、Jの付く事務所の人がメインにいないっぽくて良かったわってのと(主題歌取られたらたまらん)……そんなとこですかね。

 あとはまぁ……押井さんだしな。色々期待しないで待ちます、はい。
 



 ……「3代目」って言い訳してまで作らなきゃいかんもんかね、パトレイバー実写版って。
【2013/09/25 22:22】 | 観劇・映画 | コメント(0)
翼をくださいっ! さらばYS-11
 先日、ギンギラ太陽'sの「翼を下さい! さらばYS-11」を見てきました。以下、証拠写真。

ギンギラ太陽's 1025マチネ1

 ↑客待ちのタクシー(観客)と“ふれあう”西鉄やくざバス軍団。

ギンギラ太陽's 1025マチネ2

 ↑新型車両の中を激写(笑)。旧型車両も同様です。

 お話は、もう初演から何度となく見てお馴染みのストーリーなんですが、毎回少しずつ手直しされ、ネタも少しずつ変更されているので、飽きることはありません。地元ネタが分かるのも地元の強み。物語最初の方で、スカイマークたちにポイっとされた人工島の庭石は、当時福岡では大変問題になったんですよ>地方公演をご覧の皆様
 人工島は未だに色々と物議を醸す存在なのですが、それはまたいずれ、別の公演で触れられることでしょう(希望)。

 何回も見ているので、雁ノ巣(がんのす)さんが出てくるだけで反射的に泣きそう。大刀洗(たちあらい)さんが出てくるだけでも同様。
 今は亡きJASが、JALやANAのゴキゲンを取ってスカイマークに八つ当たりしてますが、そのJASを吸収したJALが、いまや経営破綻寸前の状態。次回上演される時、空の勢力図はどのように変化しているのやら。
 しかし、この演目はしばらく封印されるそうでございます。
 
 次回公演は、そろそろ「ひよこ侍」か、はたまた中断している「スーパーマーケット三国志」か。地元民としては、気になるところ。全国公演のネタには、ブラッシュアップし続ける「天神開拓史」を持っていって、地方の民を「ぽかーん(ネタが分からん)」状態にして頂きたいと思います。いや、普通にビルと公共交通機関の栄枯盛衰の話ですし、地元民でも古いビルについては知らなかったりしますから(最近の若いモンはユーテクプラザ岩田屋Z-SIDEも知らんのです)、まったく問題はございませんよ。多分。
【2009/10/26 21:01】 | 観劇・映画
わがまま きまま


カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

ブログ内検索

過去ログ +

2019年 01月 【3件】
2018年 07月 【1件】
2018年 06月 【3件】
2018年 01月 【2件】
2017年 12月 【3件】
2017年 11月 【1件】
2017年 09月 【1件】
2017年 06月 【3件】
2017年 04月 【3件】
2017年 01月 【2件】
2016年 12月 【1件】
2016年 10月 【2件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【1件】
2016年 07月 【3件】
2016年 06月 【2件】
2016年 05月 【3件】
2016年 04月 【3件】
2016年 02月 【3件】
2016年 01月 【3件】
2015年 12月 【3件】
2015年 11月 【1件】
2015年 10月 【1件】
2015年 09月 【6件】
2015年 08月 【5件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【2件】
2015年 05月 【1件】
2015年 04月 【4件】
2015年 03月 【1件】
2015年 01月 【6件】
2014年 12月 【1件】
2014年 11月 【2件】
2014年 10月 【3件】
2014年 09月 【1件】
2014年 08月 【1件】
2014年 07月 【2件】
2014年 06月 【2件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【2件】
2014年 02月 【5件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【3件】
2013年 09月 【3件】
2013年 08月 【1件】
2013年 06月 【1件】
2013年 05月 【1件】
2013年 04月 【1件】
2013年 02月 【1件】
2013年 01月 【1件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【1件】
2012年 08月 【2件】
2012年 06月 【1件】
2012年 05月 【3件】
2012年 04月 【1件】
2012年 01月 【1件】
2011年 12月 【2件】
2011年 11月 【4件】
2011年 08月 【3件】
2011年 07月 【1件】
2011年 06月 【2件】
2011年 05月 【7件】
2011年 04月 【1件】
2011年 03月 【4件】
2011年 02月 【5件】
2011年 01月 【1件】
2010年 12月 【9件】
2010年 11月 【3件】
2010年 10月 【2件】
2010年 09月 【2件】
2010年 08月 【2件】
2010年 07月 【1件】
2010年 06月 【1件】
2010年 04月 【1件】
2010年 03月 【2件】
2010年 01月 【3件】
2009年 12月 【5件】
2009年 11月 【4件】
2009年 10月 【4件】
2009年 09月 【2件】
2009年 08月 【4件】
2009年 07月 【7件】
2009年 06月 【6件】
2009年 05月 【7件】
2009年 04月 【1件】
2009年 03月 【5件】
2009年 02月 【5件】
2009年 01月 【9件】
2008年 12月 【6件】
2008年 11月 【2件】
2008年 10月 【1件】
2008年 09月 【2件】
2008年 08月 【1件】
2008年 07月 【4件】
2008年 06月 【3件】
2008年 05月 【4件】
2008年 03月 【1件】
2008年 02月 【9件】
2008年 01月 【6件】
2007年 12月 【6件】
2007年 11月 【2件】
2007年 10月 【1件】
2007年 09月 【6件】
2007年 08月 【6件】
2007年 07月 【1件】
2007年 06月 【4件】
2007年 02月 【3件】
2007年 01月 【5件】
2006年 12月 【5件】
2006年 11月 【7件】
2006年 10月 【1件】
2006年 09月 【1件】
2006年 08月 【1件】
2006年 07月 【11件】
2006年 05月 【2件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【12件】
2006年 01月 【23件】
2005年 12月 【1件】
2005年 10月 【3件】
2005年 09月 【6件】
2005年 08月 【8件】
2005年 07月 【10件】
2005年 06月 【5件】
2005年 05月 【5件】
2005年 04月 【4件】
2005年 03月 【2件】
2005年 02月 【7件】

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

QRコード

QRコード

プロフィール

すの(仮)

Author:すの(仮)