スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

最中で善哉(もなかでぜんざい)

 1月11日と言えば鏡開き。鏡開きと言えば「ぜんざい」。うちには乾物の小豆が3袋。どれ、一番日付の古いものから開けて作ろうか、と思っていたら母が一言。
「めんどくさい」

 ここでのポイントは、作るのは私なのに面倒くさがるのは母だというところです。いや、私が作るんですけど? と言ってもムダです。人が作るという行為そのものが母の気に障るのです。煮炊きする匂いや甘味加減などの調整を聞かれるのが鬱陶しいのです。洗い物をするのは私ですが、洗い物が増えると文句を言うのは母です。だから私がやるんだってば、と言うのはムダです。そういう反駁は相手をイラだたせるだけです。
 …………意味が分からない。分からないが逆らうとさらに面倒くさいことになるので、じゃあどうしようかね、と言うと
「ご近所さんからもらった最中があるから、あれをお湯で溶いたらぜんぜいにならない?」
とのご託宣。
 なるほど。懐中汁粉的なかんじにすんのね、はいはい。
 というわけで、飾っていたミニ鏡餅(雑煮用の餅サイズ)を焼いてる横で、時間差で暖めた「古印最中」を熱湯で溶いて即席ぜんざいの完成。
 
 これがイケる。そのまま食べてもいいんだから、当然ほどよい甘味だし、ミニ鏡餅は日持ちさせるためか、ややしょっぱい紅白餅だからなお良し。
 一個で一膳分のぜんざいが出来るとは、なんと良いコスパ(もらいものだし)。
 
 なんかちょっと他の最中でも試したい感じ。まだお餅が冷凍庫に待機してるので(これまた近所&いつもの従姉のお裾分け)チャレンジしてみようかな。なるべく甘味の強いのがおすすめです。
スポンサーサイト
[ 2015/01/11 19:24 ] 食べ物 | TB(-) | CM(0)

混入ネタ

 異物混入がトレンドのようで。やなトレンドだね、どうも。
 
 私も何度か遭遇しましたよ、くだんのファストフード店では。
 エッグ某マフィン頼むと毎回と言って良いほど卵のカラが入ってた。異物と言えば異物、加熱済みカルシウムと言えば加熱済みカルシウム(「なあに、かえって栄養になる」ってか)。
 あきらかに製造過程で入ったものだけど、卵のカラぐらいじゃ指摘しにくい。自分で卵料理作る時だって混入する事もあるわけだし。
 でも、「たまに頼む」頻度なのに打率9割で入ってるとなると、まずそのメニュー頼まなくなるし、その店舗から足が遠のく。そしていつしか某ファストフード店自体に行かなくなる。コーヒーのお代わりサービスも無くなったしさ。
 先日、久々に行きましたよ。「このタイミングなら空いてる!(多分)」と思って。幸い、私が頼んだパンケーキには金属片もプラ片も入ってませんでした。でめたしでめたし。
 
 ほかに異物混入と言えば、遠隔地に住んでる伯母が時々送ってくれる地元名物のおせんべい(全国的にも超有名)のざらめせんべいに髪の毛がくっついてた事がありました。
 髪の毛onせんべいunderザラメ状態だったので、これまた製造過程でくっついたんでしょう。申し訳ないけど捨てました(食べ物を捨てるのはものすごく抵抗があるがやむなし)。以後、ざらめせんべいは裏表じっくり見聞してからじゃないと食べられないです。
 
 一時期テレビ番組で「工場見学」が流行ってたけど、「こんな清潔な環境で作業してます」って言ってじゃん。工場の人たちががんばっても現場で混入させたり、トラブル発生時を対応如何で炎上したりじゃ、製造現場の人が報われないわ。と思ったが、こちらではあまり見かけない某カップ焼きそばの製造工場のひどさにはビックリしたよ……。

[ 2015/01/09 22:28 ] 食べ物 | TB(-) | CM(0)

青じそでジュースを作る(濃縮版)

 叔母夫婦が法事への道中に立ち寄って、どっさり野菜を置いていってくれました。その後、従姉も野菜を持ってきたので、1日限定で八百屋が開けそうな勢い。ありがたいことです( ̄人 ̄)ナムナム。持つべきものは農家な親戚。
 
 で、叔母が持ってきてくれた生きのいい青じそで「しそジュース」を作ってみました。
 失敗したら嫌だから途中経過の写真を撮らずにおいたら、予想外にうまくできちゃったよ。撮っときゃ良かった(調子乗り)。
 
 レシピは「Farmer's KEIKO 農家の台所」さんの「【農家のレシピ】青シソジュース(濃縮)」を参考にしました。
 ただし、使った砂糖は「きび砂糖」(500g揃えられるのがコレしか無かった)、お酢は米酢。クエン酸は掃除用のしかなかったから、散髪(シャレオツ感ゼロ)の帰りにドラッグストアで食品添加物表示のあるクエン酸(ココ重要)を買ってきました。
 もらった青じそは、若干赤ジソが混じったような変わった色合い+きび砂糖を使ったので、思ったよりも濃いめの色に仕上がりました。。
 
 というわけで、できあがりがこちら↓

 しそジュース(冷蔵後)
 
 1リットルの水で出来上がりが800ml? おばあちゃんちによくあったハチミツのビン1本分ぐらい(アバウト)。
 濃縮版なので薄めて飲みます。経済的。
 無糖の炭酸水で割って飲むとおいしいですよ、さっぱりしてて。鼻に抜ける青じその香りがたまらん! 立て続けに2杯も飲んでしまった。
 お酢もクエン酸も大さじ各1杯だから、 (>*<)こんな顔になるほどの酸味はありません。
 薄め具合によって甘さの加減も出来るので、私は5~6倍ぐらいに薄めてます。それでも紫蘇の香りはちゃんとします。うまうま。
 もちろん、できあがったら冷蔵庫に保存。うまくいったら従姉妹にお裾分けする約束をしているので、もう一回作って見ようと思います。
[ 2014/06/23 22:25 ] 食べ物 | TB(-) | CM(0)

ついに鶏肉を煮込む!

 らっきょう酢を極めんとする母子、ついに鶏の中手羽を煮込む!(ドーンっ!)

 母のお友達が「簡単よ~♪」と教えて下さったので作ってみました。いやもうホントにマジ簡単。
 ちなみにお肉系の写真って一眼レフで撮ったものでもないかぎり、シズル感どころかグ○画像的なものになるのは否めない上に、さらに画質は保証の限りではないガラケーによる撮影なので、そこんとこはなんかすみません。あんまりおいしそうに見えない。特に煮込み前。
 以下、手順。

 酢で煮込むので、ほうろうの鍋にしました。鍋底いっぱいに中手羽を敷き詰めて、ひたひた程度にらっきょう酢を入れます。ちなみに、この酢はダイコン漬けてた酢。廃棄するのがもったいないから煮込みに転用。余すことなく使い切るのは貧乏人の鉄則。
 鍋に中手羽とらっきょう酢
 ところで、このほうろうの鍋は見たこと無いと思っていたら、なんと結婚式の引き出物だそうで。重いがな! しかも、引き出物なことは覚えているが、誰の結婚式だったかはとんと記憶にないらしい。あかんがな!

 初めは中火で
 火加減はこんなもんで。って、分かりにくい。最初は中火、お酢が煮立ってきたら弱火にします。お砂糖が入ってる分焦げやすいので、肉に火が通る前に焦がさないように注意。

 油が出てくるので「油を吸い取る」タイプの落としぶた
 そのうちに表面にアクと油が浮いてくる、と母が言うので、不織布の落としぶたをします。この時、すでに弱火にしたはず。

 鍋のふちから色が変わってきたらそろそろ
 しばらくしたら、鍋のふちから色が変わってきます。カラメル作る時っぽいね。なので、火を止めて鍋を揺すると、あっと言う間に全体が茶色に変わります。この時、鶏肉にはしっかり火が通ってる状態になるように。

 完成
 出来たても美味しいけど、冷めても美味しいよ、というCM的な感じに出来上がりましたよ。
 何分煮るとか分量がどうとか、そんな詳細なレシピはありません。肉に対してひたひたになるぐらいらっきょう酢入れて中火に掛け → 煮立ったら弱火、しばらくして酢の色が変わり始めたら時々鍋を揺すって煮詰めつつ、酢がカラメル状になったら火を止める(それ以上やると焦げる)。
 たったこんだけで、美味しい「中手羽の甘辛煮」の完成です。

 煮詰めたらっきょう酢は中手羽のコラーゲン(?)と相まって、どうしても鍋底に残るので、そこにだし汁加えてさらにタケノコも焚いてみた。余り物を使い回すのは貧乏人の(以下略)
 初物のタケノコ
 鶏肉の旨味も加わってなお良し。今年の初物タケノコ、美味美味。
[ 2014/02/21 22:16 ] 食べ物 | TB(-) | CM(0)

今日も漬けた

 昨日は天気は良かったのですが、PM2.5の濃度がひどすぎて外出もままなりませんでした。
 うちは県の出してる数値と目視で確認するんですが、まず遠くのお山の稜線がまったく見えない時点で外出を諦めましたよ。いつもはどこのアルプスかってぐらいきれいに見えるんですけどね。

 で、今日は夕べ降った雨のせいか、霧(靄?)のおかげかで、ちょうど買い物に行く時間の数値が低かったし山も見えていたので、さっそく“らっきょう酢”を買ってきました。
らっきょう酢
 ※画像をクリックすると大きく表示されます。

 ついでに、いま漬けてる野菜をずらずらと。

 ラディッシュ。想像してた形と違うかもしれませんが、ラディッシュです。出荷目的じゃないんで(あくまで家庭菜園気質な従姉作)大きさも形もバラバラですが、いいんです!
ラディッシュ
 皮の色が全部酢の方に出たので、全体がピンク色に染まってます。一口サイズなので、気付くとバクバク食べてて危険。

 こっちは先週漬けた大根とニンジン。ローリエを香り付けに入れたけど、ローリエ感はさっぱりありません。
大根とニンジン+ローリエ

 で、たまねぎと葉たまねぎの中間ぐらいの大きさの間引きたまねぎ(仮称)。
たまねぎ
 すでに辛みは抜けてます。そのまま食べるより加熱した方が甘みが出て美味し。

 こちらは本日漬けたばっかりのニンジン。
ニンジン
 大根と違ってあんまり水分出ないと思うから、ちょっと多めに酢を入れてます。水分の多そうな食材の時は、だいたい全体量の半分くらい。そのうち水分が上がってくるので様子を見ながら、足りないようだったら追加します。

 ……てな事を書いていると「すごく料理ができる人」っぽく見えますが、野菜を切ったのは母親で、私は酢を買ってきて注いだだけですからね。あと、食べるだけ。
 いや、ラディッシュとたまねぎは切ったけど。切って注ぐ。そんだけ。

 では、これから豚バラと白菜の重ね鍋を作ります。て、これも簡単なんだけど。ここにピーラーでスライスしたニンジンをてんこ盛りにして華やかさを演出(笑)しようと思います。
[ 2014/02/02 16:33 ] 食べ物 | TB(-) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。